グルコサミンの摂取方法

グルコサミンの摂取方法

グルコサミンは食事から摂取することが難しい

グルコサミンは食事から摂取することが難しい成分です。
食品では鳥や豚の軟骨、桜えび、きのこ類、山芋、オクラなどに含まれていますが、吸収があまり良くないので食事からの摂取は効率が悪いです。

グルコサミンはサプリメントでの摂取がおすすめ

そこでおすすめなのがサプリメントです。
食前に飲むと胃が荒れる可能性があるので、胃が弱い方は食後に水かぬるま湯で飲みましょう。
カフェインが含まれるコーヒーやお茶は吸収を阻害するので避けましょう。

一日の摂取量は守りましょう
また、一日2~3回に分けて飲むとより効果的です。
小分けにして飲むと吸収効率が上がり、胃腸への負担も最小限にとどめることができます。
効果も長続きします。
一日の摂取量の目安は1000~1500ミリグラム程度です。
過剰摂取には注意してください。

コンドロイチンと一緒に摂取すると相乗効果も

より効果を実感したいという方は、コンドロイチンと併せて摂取するのがおすすめです。
コンドロイチンもグルコサミンと似たはたらきをする成分ですが、併せて飲むとより吸収が良くなります。

気長に根気よく続けましょう
サプリメントは薬ではないので、飲んですぐ効果が出るものではありません。
気長に根気よく摂取を続けて初めて効果が実感できます。
数か月から一年単位で摂取を続けましょう。
正しい方法で摂取し、効率良く補給していきましょう。

グルコサミンの成分

プロテオグリカン・コンドロイチン

膝の痛みや関節痛に効果的として世に広く知られており、関節痛対策サプリメントなどにも配合されているグルコサミン。
その名称は知っていても、どのような成分なのかということまで知っている方はご存知ないかもしれません。
グルコサミンは、アミノ酸とブドウ糖が結びついたアミノ糖の一種で、軟骨を構成するプロテオグリカンや軟骨のすり減りを防止するコンドロイチンの原料となる成分です。
軟骨のすり減りや損傷が関節痛の原因となることも多いため、それを生成する原料として外部から摂取することで軟骨の強化や健康をサポートすることができるのです。

成分を多く含む食品

コンドロイチンサプリ選びで気を付けること

この成分を多く含む食品には、エビやカニの殻、フカヒレ、鶏や豚、牛の軟骨、うなぎなどの動物性のものと、オクラやヤマイモ、サトイモなどのねばねば成分を持つ植物性の二種類があります。
ただ、食事から必要量を摂取することは難しいため、関節痛の改善や予防のためにはサプリメントで補うことが必要です。

アレルギーについて
この時、注意しなければいけないのが原材料です。
一般的にエビやカニの殻に含まれているキチンという物質を原材料としてつくられていることが多いので、エビやカニなど甲殻類に対するアレルギーがあると服用することができません。
ただし、キチンを生成することができる微生物によってつくられた植物由来のサプリメントもありますので、アレルギーがある方は原材料をしっかり確認しましょう。

▲ページトップに戻る