コンドロイチンの特徴:コンドロイチンの摂取方法

コンドロイチンの特徴:コンドロイチンの摂取方法

コンドロイチンの特徴

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、コンドロイチンの正式名称で硫酸基が結合したものです。

AからEまでの5つの種類

その結びつき方によって、AからEまでの5つの種類に分かれます。
軟骨に多く含まれているのはAとCで、皮膚に多く含まれているのはB、サプリメントによく使われるサメの軟骨に多いのはDタイプになっています。

コンドロイチンはムコ多糖類の一種

動物の組織や体液に存在するムコ多糖類の一種で、とくに軟骨に多く含まれています。
コンドロイチンの特徴は軟骨ではたんぱく質と結合してプロテオグリカンを形成して関節を守るクッション材、保水性、弾力性で関節の痛みをやわらげます。

コンドロイチンは加齢とともに減少する

コンドロイチンは20代までは体内で合成されますが、加齢とともに減少して軟骨部分のクッション機能が失われてしまいます。
そのため中高年以降に多い症状に、骨と骨の隙間ができて骨格がずれ神経を圧迫して痛みが発生することがあります。
そこで神経痛の痛みの改善には、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを補充する必要があります。

関節痛以外にもいろいろ効果あり

そのほかの効果には肩こり、眼精疲労、腎炎の予防、自律神経失調症、動脈硬化、リウマチなどがあり、健康維持とアンチエイジングに大切な成分です。
医薬品やサプリメントで摂取することで、健康維持が可能になります。

コンドロイチン 摂取

コンドロイチンの摂取方法

歳とともに身体に異常を感じてしまう、その主なケースのひとつが関節痛です。
身体を動かす度に感じる痛みは日常生活に支障をきたし、辛いから動かない、それが運動不足に繋がるという、悪いサイクルに入り込んでしまう場合があります。
そんな関節痛に効く、科学的効果を立証されたのがコンドロイチンです。
医薬品としても使用され、数多くの人に愛用されています。

食品から摂るコンドロイチン

関節をつなぎ目にある軟骨のクッションの役割を担う成分で、これによって身体を曲げたり伸ばしたりする行動を楽にしてくれます。
通常の食生活から摂取する場合は粘り気のあるものがおすすめとされています。
納豆やオクラ、山芋などです。
健康に良い食材では有りますが、コンドロイチンに限っていえば、得られる量はさほど多くありません。

サプリはコンドロイチンが主成分として配合されているものを

そこでおすすめされるのがサプリメントです。
この成分はある程度の量を摂らなければ関節痛への効果はないことが立証されています。
よって、主成分ではなくおまけとして配合されているようなサプリメントは控えたほうが良いでしょう。
必ず主成分としてどれくらいの量が配合されているのか確認をする必要があります。
1日に1000mg以上は必要というデータが出ていますので、信頼のおける情報と照らしあわせて摂取しましょう。

コンドロイチンの副作用

コンドロイチンは関節の痛みを和らげる効果がある成分として知られています。
もともと人体にも存在する成分で、軟骨や骨に弾力性を与えて、摩擦や衝撃から関節を守っています。
また、角膜や皮膚、臓器にも弾力性と保水性を与える働きをします。
この働きは骨粗しょう症、ドライアイ、高血圧、肌乾燥の予防と改善に役立ち、幅広い効果があります。

消化管症状などの副作用

健康にも美容にも優れた効果があるため、ぜひ摂取しておきたい成分ですが、気になるのは副作用です。
主な副作用は胃痛や吐き気といった消化管症状です。
また、むくみや心拍数の乱れが起こる場合も報告されています。

ただし医薬品ではなくサプリメントで摂取する場合は、これらの症状は軽いものとされています。
いずれにせよ、持病がある場合は一度医師や薬剤師に相談しましょう。

牛乳や乳製品にアレルギーのある方は食べ物から摂取しましょう

また、基本構造が乳糖なので、牛乳や乳製品にアレルギーのある人は飲むのを避けてください。
乳糖分解酵素を体内に持っていない人が摂取すると、消化されずに排出されてしまいます。
コンドロイチンは納豆、里芋、オクラ、なめこなどのぬるぬるした食べ物に多く含まれています。
医薬品やサプリメントを飲むのが心配な場合は、こうした食べ物から摂取するとより安全です。

コンドロイチン 不足

コンドロイチンが不足すると

コンドロイチンが不足すると関節の動きが悪くなる

人間の身体はスムーズに動いていると思えますがその皮膚の下には骨があります。
スムーズな人間の動きを実現するために、骨は全て繋がっているのではなく、各パーツに分かれているものが連動して動いています。
骨と骨を繋いでスムーズに身体が動くようにしてくれているのが関節です。
コンドロイチンの不足は関節の動きに大きくかかわっており、不足することで関節の動きが悪くなります。

関節痛のしくみ

関節痛のしくみ

コンドロイチンは関節の潤滑剤の役割をしているため、潤滑剤がなくなるとドアの蝶番がさび付いて動きが悪くなるように関節の動きが悪くなってしまうので痛みが生じてしまいます。
これが関節痛と言われているものです。

コンドロイチンの臨床試験

体内でも生成されている成分ではありますが、年齢を重ねるとその生成量が減ってしまうので膝やひじなどの関節に痛みが生じてしまうのです。
大規模な臨床試験も行われており、コンドロイチンを服用した人には関節の痛みの軽減したり、服用していない人に比べて歩行のスピードが上がったといいます。
コンドロイチンはデータが発表されており、実際に医療現場でも治療に取りいれられている成分です。
このことからも関節痛の症状の改善や予防のためにはコンドロイチンをきちんと摂取し、関節の動きをスムーズにしておくことが重要だということがわかります。

コンドロイチンが含まれる食品

コンドロイチンが含まれる食品

コンドロイチンは軟骨に含まれる成分で、関節痛を抑えるクッション効果がありますが、年々生成量が減少していくので、食事などで補う必要があります。
この成分を含んだ代表的な食品といえば、山芋や里芋、オクラ、なめこ、すっぽん、ふかひれなどで、他にもうなぎやタイ、ひらめなどの魚類や、牛や豚の軟骨、鶏皮などの肉類に含まれています。

【野菜】【魚類】【肉】
山芋
里芋
オクラ
なめこ
すっぽん
ふかひれ
うなぎ
たい
ひらめ
牛の軟骨
豚の軟骨
鶏皮

おすすめの調理法

味噌汁に入れたり、鍋料理にするなど、色んな方法で食べられるので、メニューを工夫すれば、コンドロイチンを毎日摂取することが出来ます。
ただし食品に含まれているコンドロイチンはごくわずかなので、毎日の食事だけで必要な量を摂取するのは難しいでしょう。

コンドロイチンを摂取しやすい方法

献立を考えるのも面倒なので、もっと簡単な方法で摂取したいときはサプリメントを利用するようにしてください。
今はさまざまなメーカーからサプリメントが発売されているので、それを利用すれば、気軽に体内に摂り入れることが出来ます。
一日数粒を飲むだけで、辛い関節痛の痛みを和らげる効果を期待できるので、口コミの評判の良い商品を選んで購入することが大切です。
近所のスーパーやドラッグストアで欲しいサプリが売っていないときは、インターネット通販で探すようにしましょう。

コンドロイチンと乳酸菌

コンドロイチン 乳酸菌
ムコ多糖類の一種であるコンドロイチンは、皮膚や粘膜、軟骨をはじめ、体内のいたるところに存在している成分です。
加齢とともに減少するために、結果としてひざなどの関節痛を引き起こしてしまいます。
進行すると、軟骨が損傷してしまうことがあり、注意が必要です。

人の健康は腸内環境に左右されています

長く元気にからだを動かしながら、健康的な生活を送るために必要な成分ですが、摂取するにあたり、重要なことがあります。
それは、腸内環境が整っているということです。
人の健康は腸内環境に左右されているといっても過言ではありません。
からだにとって必要のないものを排せつする機能を持つ腸の環境が悪化してしまうと、栄養の吸収が阻害され、悪玉菌や毒素が排せつされずに体内に残ってしまいます。
その結果、肌荒れを含む心身の不調を引き起こしてしまいます。

腸内環境を整えてコンドロイチンの吸収効率をUP

そこでおすすめなのが、乳酸菌をしっかりと摂るということです。
乳酸菌は善玉菌で、悪玉菌を抑え込み、腸内環境を良くしてくれます。
腸内環境が良くなれば、コンドロイチンの吸収効率がよくなり、摂取したものの効果の恩恵を受けやすくなります。
両方ともサプリメントで摂るのが望ましいとされていますが、両方配合されているサプリメントはあまりありません。
それぞれ自分にあったものを併せて飲んでみましょう。

▲ページトップに戻る