変形性膝関節症

膝の関節痛:変形性膝関節症

膝の関節痛

変形性膝関節症は、年齢が増していくにつれて増加しますが、特に60歳以上になると患者数は多くなります。
最初は膝が軽く痛んだり腫れるといった自覚症状が見られます。

変形性膝関節症の症状

膝の関節痛 予防と改善

膝の関節痛 予防と改善

日常生活で階段の上り下りや立ち上がる時に関節痛を感じたり、正座やしゃがむといった動作をするときに痛みを感じるという症状が見られます。
また関節の中に水が溜まることもあります。
この病気はどの年代においても男性より女性の方が多いようです。

膝関節痛の原因

膝の関節痛 予防と改善

どのような要素が原因で発症するかは多くの研究がされていますが、高齢になるにつれて発症する方が多いことから、関節軟骨の代謝が低下して関節痛が起こるとも考えられています。
年を取ると身体機能が徐々に低下していきますが、日常の生活の中で関節は常に体重を支えていることから痛みが起こりやすい部位といえます。

O脚 X脚

O脚やX脚の場合、体重が関節に平均にかからないのも原因に挙げられています。
O脚は膝の内側に身体の重みがかかり、X脚は外側に重みがかかるため、その部分の軟骨がすり減りやすくなります。

軽いスポーツやウォーキング
スポーツで体を酷使すると変形性膝関節症にかかりやすくなるともいわれています。
逆に関節に過剰な負担をかけすぎない軽いスポーツやウォーキングは、筋肉を無理なく鍛えることから関節には良いことです。

続きを読む

▲ページトップに戻る