コンドロイチンとは

コンドロイチンの特徴:コンドロイチンの摂取方法

コンドロイチンの特徴

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、コンドロイチンの正式名称で硫酸基が結合したものです。

AからEまでの5つの種類

その結びつき方によって、AからEまでの5つの種類に分かれます。
軟骨に多く含まれているのはAとCで、皮膚に多く含まれているのはB、サプリメントによく使われるサメの軟骨に多いのはDタイプになっています。

ムコ多糖類の一種

動物の組織や体液に存在するムコ多糖類の一種で、とくに軟骨に多く含まれています。
コンドロイチンの特徴は軟骨ではたんぱく質と結合してプロテオグリカンを形成して関節を守るクッション材、保水性、弾力性で関節の痛みをやわらげます。

加齢とともに減少する

コンドロイチンは20代までは体内で合成されますが、加齢とともに減少して軟骨部分のクッション機能が失われてしまいます。
そのため中高年以降に多い症状に、骨と骨の隙間ができて骨格がずれ神経を圧迫して痛みが発生することがあります。
そこで神経痛の痛みの改善には、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを補充する必要があります。

関節痛以外にもいろいろ効果あり

そのほかの効果には肩こり、眼精疲労、腎炎の予防、自律神経失調症、動脈硬化、リウマチなどがあり、健康維持とアンチエイジングに大切な成分です。
医薬品やサプリメントで摂取することで、健康維持が可能になります。

コンドロイチン 摂取

コンドロイチンの摂取方法

歳とともに身体に異常を感じてしまう、その主なケースのひとつが関節痛です。
身体を動かす度に感じる痛みは日常生活に支障をきたし、辛いから動かない、それが運動不足に繋がるという、悪いサイクルに入り込んでしまう場合があります。
そんな関節痛に効く、科学的効果を立証されたのがコンドロイチンです。
医薬品としても使用され、数多くの人に愛用されています。

食品から摂るコンドロイチン

関節をつなぎ目にある軟骨のクッションの役割を担う成分で、これによって身体を曲げたり伸ばしたりする行動を楽にしてくれます。
通常の食生活から摂取する場合は粘り気のあるものがおすすめとされています。
納豆やオクラ、山芋などです。
健康に良い食材では有りますが、コンドロイチンに限っていえば、得られる量はさほど多くありません。

サプリはコンドロイチンが主成分として配合されているものを

そこでおすすめされるのがサプリメントです。
この成分はある程度の量を摂らなければ関節痛への効果はないことが立証されています。
よって、主成分ではなくおまけとして配合されているようなサプリメントは控えたほうが良いでしょう。
必ず主成分としてどれくらいの量が配合されているのか確認をする必要があります。
1日に1000mg以上は必要というデータが出ていますので、信頼のおける情報と照らしあわせて摂取しましょう。

コンドロイチンの副作用

コンドロイチンは関節の痛みを和らげる効果がある成分として知られています。
もともと人体にも存在する成分で、軟骨や骨に弾力性を与えて、摩擦や衝撃から関節を守っています。
また、角膜や皮膚、臓器にも弾力性と保水性を与える働きをします。
この働きは骨粗しょう症、ドライアイ、高血圧、肌乾燥の予防と改善に役立ち、幅広い効果があります。

消化管症状などの副作用

健康にも美容にも優れた効果があるため、ぜひ摂取しておきたい成分ですが、気になるのは副作用です。
主な副作用は胃痛や吐き気といった消化管症状です。
また、むくみや心拍数の乱れが起こる場合も報告されています。

ただし医薬品ではなくサプリメントで摂取する場合は、これらの症状は軽いものとされています。
いずれにせよ、持病がある場合は一度医師や薬剤師に相談しましょう。

牛乳や乳製品にアレルギーのある方は食べ物から摂取しましょう

また、基本構造が乳糖なので、牛乳や乳製品にアレルギーのある人は飲むのを避けてください。
乳糖分解酵素を体内に持っていない人が摂取すると、消化されずに排出されてしまいます。
コンドロイチンは納豆、里芋、オクラ、なめこなどのぬるぬるした食べ物に多く含まれています。
医薬品やサプリメントを飲むのが心配な場合は、こうした食べ物から摂取するとより安全です。

コンドロイチン 不足

コンドロイチンが不足すると

人間の身体はスムーズに動いていると思えますがその皮膚の下には骨があります。
スムーズな人間の動きを実現するために、骨は全て繋がっているのではなく、各パーツに分かれているものが連動して動いています。
骨と骨を繋いでスムーズに身体が動くようにしてくれているのが関節です。
コンドロイチンの不足は関節の動きに大きくかかわっており、不足することで関節の動きが悪くなります。

関節痛のしくみ

関節痛のしくみ

コンドロイチンは関節の潤滑剤の役割をしているため、潤滑剤がなくなるとドアの蝶番がさび付いて動きが悪くなるように関節の動きが悪くなってしまうので痛みが生じてしまいます。
これが関節痛と言われているものです。

臨床試験

体内でも生成されている成分ではありますが、年齢を重ねるとその生成量が減ってしまうので膝やひじなどの関節に痛みが生じてしまうのです。
大規模な臨床試験も行われており、コンドロイチンを服用した人には関節の痛みの軽減したり、服用していない人に比べて歩行のスピードが上がったといいます。
コンドロイチンはデータが発表されており、実際に医療現場でも治療に取りいれられている成分です。
このことからも関節痛の症状の改善や予防のためにはコンドロイチンをきちんと摂取し、関節の動きをスムーズにしておくことが重要だということがわかります。

コンドロイチンが含まれる食品

コンドロイチンが含まれる食品

コンドロイチンは軟骨に含まれる成分で、関節痛を抑えるクッション効果がありますが、年々生成量が減少していくので、食事などで補う必要があります。
この成分を含んだ代表的な食品といえば、山芋や里芋、オクラ、なめこ、すっぽん、ふかひれなどで、他にもうなぎやタイ、ひらめなどの魚類や、牛や豚の軟骨、鶏皮などの肉類に含まれています。

【野菜】【魚類】【肉】
山芋
里芋
オクラ
なめこ
すっぽん
ふかひれ
うなぎ
たい
ひらめ
牛の軟骨
豚の軟骨
鶏皮

おすすめの調理法

味噌汁に入れたり、鍋料理にするなど、色んな方法で食べられるので、メニューを工夫すれば、コンドロイチンを毎日摂取することが出来ます。
ただし食品に含まれているコンドロイチンはごくわずかなので、毎日の食事だけで必要な量を摂取するのは難しいでしょう。

コンドロイチンを摂取しやすい方法

献立を考えるのも面倒なので、もっと簡単な方法で摂取したいときはサプリメントを利用するようにしてください。
今はさまざまなメーカーからサプリメントが発売されているので、それを利用すれば、気軽に体内に摂り入れることが出来ます。
一日数粒を飲むだけで、辛い関節痛の痛みを和らげる効果を期待できるので、口コミの評判の良い商品を選んで購入することが大切です。
近所のスーパーやドラッグストアで欲しいサプリが売っていないときは、インターネット通販で探すようにしましょう。

コンドロイチンと乳酸菌

コンドロイチン 乳酸菌
ムコ多糖類の一種であるコンドロイチンは、皮膚や粘膜、軟骨をはじめ、体内のいたるところに存在している成分です。
加齢とともに減少するために、結果としてひざなどの関節痛を引き起こしてしまいます。
進行すると、軟骨が損傷してしまうことがあり、注意が必要です。

人の健康は腸内環境に左右されています

長く元気にからだを動かしながら、健康的な生活を送るために必要な成分ですが、摂取するにあたり、重要なことがあります。
それは、腸内環境が整っているということです。
人の健康は腸内環境に左右されているといっても過言ではありません。
からだにとって必要のないものを排せつする機能を持つ腸の環境が悪化してしまうと、栄養の吸収が阻害され、悪玉菌や毒素が排せつされずに体内に残ってしまいます。
その結果、肌荒れを含む心身の不調を引き起こしてしまいます。

吸収効率をUP

そこでおすすめなのが、乳酸菌をしっかりと摂るということです。
乳酸菌は善玉菌で、悪玉菌を抑え込み、腸内環境を良くしてくれます。
腸内環境が良くなれば、コンドロイチンの吸収効率がよくなり、摂取したものの効果の恩恵を受けやすくなります。
両方ともサプリメントで摂るのが望ましいとされていますが、両方配合されているサプリメントはあまりありません。
それぞれ自分にあったものを併せて飲んでみましょう。

続きを読む

コンドロイチンの働き:老化を防ぐ効果

  • 老化を防ぐ効果
  • 解毒作用
  • 血圧降下作用
  • 水分や栄養分を組織や細胞に伝える

コンドロイチンの働き

老化を防ぐ効果

コンドロイチンの働き

コンドロイチンには老化を防ぐ効果があります。
関節に良いとして知られていますが、軟骨や皮膚、粘膜に含まれグルコサミンから生成されます。
加齢とともに体内で作られにくくなり、20歳を超えると減少していきます。
軟骨には水分や栄養分を運び、弾力性を与える働きがあります。
減少すると軟骨がすり減り関節同士がぶつかって痛みが出たり、スムーズな動きができなくなってしまいます。
具体的には、組織固定作用といって細胞や組織同士の間をつなぐ働きをしています。

解毒作用、血圧降下作用

また、解毒作用がありますが、これは中に含まれるグルコロン酸によるものです。
他には、末梢血管の収縮を抑制するため、血圧降下作用があります。
積極的な拡張はしないため、穏やかな効果になります。

体をスムーズに動かしたり、老化を防ぐ働きがあります

そしてコンドロイチンは、血管から送られてくる水分や栄養分を、組織や細胞に伝える働きをしています。
そのため、コンドロイチンの生成量が低下すると十分な栄養を細胞に送ることができず、新陳代謝が悪くなります。
つまり、細胞や組織の機能が低下して老化してしまうのです。

コンドロイチンを積極的に取ることで細胞の老化を抑えましょう
ねばねばした食材やフカヒレ、ウナギ、すっぽんに多く含まれています。
健康的な生活を送るためにも、積極的に取っていきたいですね。

コンドロイチンの成分

特に多く含まれている箇所

コンドロイチンの働き

  • 軟骨
  • 角膜
  • 臓器
  • 皮膚
コンドロイチンとは元々人間の体の中に多量に存在する成分です。

  • 体の軟骨
  • 目の角膜
  • 各臓器
  • 皮膚

などに分布して、保水性や弾力性を与えてくれます。
コンドロイチンが特に多く含まれているのが軟骨で人間の軟骨の30%以上含まれているとされています。

コンドロイチンの含有量が多いサプリを選びましょう

しかし加齢と共に減少する事から軟骨にトラブルを起こしやすく、関節痛や炎症を起こしてしまいます。
そんな関節痛や炎症を抑える為にコンドロイチンを意識して食事から摂取する事が望ましく、食品の中でも納豆や山芋にオクラやなめこ、海藻やふかひれなどが効果的に摂取出来ます。
しかしコンドロイチンは食品で毎回意識的に摂取するのも現実的に難しいのが欠点です。
そこで毎日手軽に摂取する方法としてサプリメントによる摂取が効果的で色々なサプリメントが販売されているのです。
コンドロイチンのサプリメントではサメ軟骨から摂取している商品が多く、目安としては含有量の多いサプリメントをセレクトするのが望ましいです。

グルコサミンも併用で摂取すると効果大

また併用してグルコサミンも摂取する事でより効果を高める事が出来ます。
コンドロイチンの1日の摂取量の目安は1000mg~1200程度です。
食品に含まれる量も調べておけば足りない時にサプリメントで補う事により無駄も無くなります。
効果的に加齢による関節痛の悩みを取り除きましょう。

コンドロイチンを摂取してみて

試しにサプリメントを一袋購入

コンドロイチンというと、テレビなどでよく耳にする成分ですが、実際効くのだろうか?なんて思っている方はいませんか。
私は関節の痛みをなんとかしようと思い、2年ほどコンドロイチンを摂取しています。
最初のきっかけは、やはりテレビでした。
半信半疑でしたが、お試しに、と思いサプリメントを一袋購入したのが始まりです。

一袋を半分ほど消費したころから変化が

飲み始めて数日は全く実感出来ず、やっぱりダメか、と諦めかけていたのです。
ところが一袋を半分ほど消費したころでしょうか、自宅の階段をすっすっと早歩きくらいのスピードで登っていけることに気付いたのです。
いつもなら、一歩一歩立ち止まるくらいの速さでやっと登り切っていたのに。

久々の散歩

これはすごいと思い、そのまま滅多にしない散歩へ出ました。
久々の散歩はとても気持ち良く、スタスタ歩けることへの感動も手伝って、目が潤んでしまいました。
生活にもハリが出て、趣味だった料理も再度拘るようになり、少し離れたスーパーをハシゴするなど、活発に過ごせています。

飲み続けることが肝心

やはり、飲み続けなければ効果は出ないんですよね。
それからは、継続購入し、長い付き合いとなっています。
関節の痛みに悩んでおられるなら、まずは試してみることをおすすめしますよ。

続きを読む

コンドロイチンとは:CMでおなじみのコンドロイチン

「関節の痛みに効く」とCMでよく聞くコンドロイチンをご存知ですか。

コンドロイチンとは

名前はよく聞くけど、具体的にどういうものか、どのような効果があるのか分からないという方は大勢います。
実はこのコンドロイチンの成分は元々我々の体に存在する成分です。
そのため安心して摂取することができるのです。

軟骨の弾力性を高める

では、コンドロイチンがどういうものかと言うと、関節の骨と骨の間には軟骨というものが存在しています。
この軟骨は骨同士の間でクッションの役割をしており、関節を滑らかに動かす作用があります。
そんな軟骨には高い弾力性があるため、骨の衝撃を和らげることができるのです。
その弾力性を高める役割をしているのがコンドロイチンです。
コンドロイチンは軟骨成分の一つで、軟骨に水分を保持する働きがあります。
このおかげで軟骨はクッションとしての役割を果たすことができるのです。

体の老化とともに次第に減少

しかし、この軟骨は永久にその状態を保つわけではありません。
体の老化とともに次第に減少してしまいます。
すると軟骨の弾力性も減り、クッションとしての働きが不十分になるため、関節に負担をかけるようになり関節痛や関節炎を起こすのです。
そのため、サプリメントなどで軟骨成分を摂取すると軟骨の減少を防ぐとともに再合成を促すことにもなり、関節の痛みを緩和する効果があるのです。

コンドロイチンの役割

コンドロイチンは人体の軟骨・皮膚・粘膜や臓器などあらゆる場所に存在しますが、最も大きな役割を果たしているのは軟骨の中です。
軟骨の弾力性は水分を取り入れることで保たれていますが、その水分を軟骨に運ぶ役割をコンドロイチンが果たしているのです。

水分や栄養素を軟骨に運搬

血管は軟骨の中を通っていませんので軟骨は血液から栄養素を得ることができません。
このため、血管に代わって水分や栄養素を軟骨に運搬してその役割を果たすことで、軟骨の弾力性を維持しています。
コンドロイチンはプロテオグルカンという軟骨構成成分の中に存在していますが、歳を重ねるにつれて減少しますので、食品などを通じて補ってやることで老化を防止することができます。

コンドロイチンはグルコサミンと一緒に摂取するのが効果的

食品ではサメの軟骨・うなぎ・スッポン・山芋・オクラ・メカブなどぬるぬるしたものに多く含まれています。
また、グルコサミンが元になっていますので、グルコサミンと一緒に摂取するのが効果的と言われており、市販されているグルコサミンサプリは大部分含まれています。

グルコサミンサプリはコンドロイチンも含まれているものを選びましょう

軟骨に貢献するだけでなく若々しさを保ってくれる成分ですので、毎日食品から摂取できれば申し分ありませんが。
毎日となるとなかなか難しいと思われます。
グルコサミンサプリを飲まれる場合は、表示を確認してコンドロイチンが含まれているものを常用することをお勧めします。

コンドロイチンの歴史

コンドロイチンの歴史

コンドロイチンは化学的にはムコ多糖類に分類される物質で、他のムコ多糖類と同様に人体の各所に存在しています。
特に軟骨に多く存在していて重要な構成成分の1つになると同時に、柔軟性を確保して軟骨の機能維持の役割を果たしているという特徴があります。

名前の由来

体内で重要な成分の1つですが、その研究の歴史は意外に浅いものであり、発見自体が19世紀の半ばになっています。
動物の関節の中から抽出に成功し、その事が名前の由来にもなっていてギリシア語で「軟骨の元」を意味する言葉からコンドロイチンと命名されています。

最初は頭痛の緩和目的で研究されていた

化学構造の特定や薬剤としての研究は1940年代から本格的に始まっており、最初は頭痛の緩和目的で研究されていたという記録があります。
その後研究が急速に進み、1950年代になると関節の神経痛や変形性関節症の改善・眼精疲労や角膜保護といった幅広い効果が認められるようになりました。

医薬品としての許可を得る

更にはもともと人体にも存在する成分である事から外部供給を経ても副作用のリスクが少ない事も認められました。
当該症状に対する医薬品としての許可を得ています。
現在では他のムコ多糖類と配合して、関節や肌の機能維持の相乗効果を狙ったサプリメントも広く販売されるようになっています。

続きを読む

コンドロイチン単独よりも効果を上げる方法

コンドロイチンの効果

関節痛対策にはグルコサミンとコンドロイチンという成分を意識して補いましょう。

軟骨の再生

コンドロイチンの成分は軟骨の主成分となっているので、意識して補う事によってすり減った軟骨の再生を促す効果が期待できます。

単体でも効果はありますが、さらに関節痛対策の効果を上げたいのであれば、グルコサミンという成分も一緒に摂りましょう。

潤滑油

この成分は関節のクッション性を高めたり、関節を動かす際に潤滑油のような働きを行うのが特徴です。

一緒に補う事により相乗効果によって、さらに関節の健康をサポートする効果を発揮します。

関節痛の悩み

年齢を重ねると階段の上り下りが辛くなるといった、関節痛を引き起こしやすくなります

関節痛は関節部分にある軟骨がすり減り、動かした際に痛みや違和感を感じるようになるのが特徴です。

若い時は軟骨がすり減ってしまっても、すぐに再生していたので関節痛を感じる事はほとんどありません。

ですが加齢によって軟骨の再生がスムーズに行われなくなると、関節を動かした際に骨と骨がぶつかり合い、痛みや違和感を感じるようになるのです。

症状が進むと手術を受けなければいけない程、悪化してしまうので関節に違和感を感じたら、すぐに対策を行いましょう。

コンドロイチンの効果を実感したいサプリメント

コンドロイチンサプリ選び

コンドロイチンの成分

関節痛を和らげるためには病院を受診することですが、少し様子をみたいという場合にはコンドロイチンが配合されたサプリメントを利用するのも良い方法です。

ムコ多種の一種

コンドロイチンの成分は体内でアミノ酸と糖が結合したグルコサミンが代謝して生成されるムコ多種の一種で、軟骨や結合組織などに含まれる成分です。

コンドロイチンは関節の軟骨の約27?43%を占めており、関節がスムーズに動くために重要な役割があります。

関節だけではなく靭帯や腱などの弾力性を構成するのにも必要なものです。

加齢とともに減少するため、関節の軟骨も減少し膝などに炎症や痛みを引き起こす原因にもなります。

そのため体外からの摂取が必要となり、食べ物からの摂取は難しいためサプリメントを活用すると良いのです。

1日の摂取量を守りましょう

サプリメントを選ぶ際に気を付けることは、1日の摂取量は体重に関係しており、約400?1200mg程度が一日の摂取量の目安です。

年齢と共に減っていくため、中高年は上限よりの摂取量を目安にします。

またグルコサミンと併用することが効果的で含有量にも気をつけます。

継続しやすいサプリを選びましょう

関節痛の痛みを和らげるために湿布や塗り薬、痛み止めなどを用いますが、これは一時的な対応です。

コンドロイチンは関節の軟骨の生成を助けるため摂り続けることで、軟骨のすり減りによう痛みを緩和する効果が期待できるのです。

コンドロイチン 若返り

多種多様なコンドロイチンの効果

コンドロイチンというと、関節の痛みを緩和する効果がある成分として知られていますが、それ以外にも様々な効果があります。

なぜならこの成分は元々体内の様々な場所に存在しているからです。

関節痛の原因

関節痛の原因である軟骨はもちろん、角膜や皮膚、内臓にまで存在しています。

角膜ではドライアイにならないよう保水し、内臓では細胞同士を結合することで内臓機能の働きを正常化しています。

  • 関節の痛みを緩和
  • ドライアイ予防
  • 内臓機能の正常化
  • 肌にハリを与える
  • 骨粗しょう症予防
  • アンチエイジング
  • 若返り効果
  • 体調改善

肌にハリを与えたり、骨粗しょう症予防も

そしてこの成分には高い保水性があり、そのため肌にハリを与えることができます。

さらにカルシウムの代謝を促す効果もあるので、摂取すると骨粗しょう症などの骨疾患を予防することができます。

若返り効果ならコンドロイチン

しかし、体内のコンドロイチンは年齢を重ねるとともに減少します。

それにより軟骨が減少し関節炎になったり、内臓機能が低下して体調不良を起こしやすくなったり、肌のハリが低下してエイジングサインが現れたりするのです。

そのためサプリメントなどでこの成分を補うことができれば、軟骨の減少を抑制し、健康維持しながら肌のアンチエイジングにも効果があります。

つまり、様々な若返り効果があるのです。

コンドロイチンは関節痛で悩む方はもちろん、最近、疲れやすく体調を崩しやすくなった方や肌にたるみやシワなどエイジングサインが現れ始めた方にもおすすめの成分です。

続きを読む

▲ページトップに戻る