関節痛

ヒアルロン酸とグルコサミンサプリメントの購入なら:口コミ・体験談(キユーピー健康食品)

ヒアルロン酸とグルコサミンサプリメント

年齢を忘れるほど活動的になりたい!
”潤滑成分”と”軟骨成分”をバランスよく配合

キューピーのヒアルロン酸ははつらつとした毎日を過ごしたいあなたの味方です。
キューピー:ヒアルロン酸とグルコサミンサプリメント
こんな方におすすめ

  • スムーズな歩行を気遣う人
  • よくスポーツをされる人
  • これからの生活予防をしたい人

キューピー独自開発の高純度ヒアルロン酸「ヒヤベスト」をたっぷり200 MG 配合
食事で補うことが難しいヒアルロン酸お手軽に摂取することができます。

ヒアルロン酸とグルコサミンサプリメントのこだわり

  • 毎日200 MG とりたいけど取りにくい
    ヒアルロン酸不足解消
    ヒアルロン酸不足を解消するために、キユーピーが、科学的に検証した1日に摂りたいヒアルロン酸量は200mg。食品で補えればよいのですが、ヒアルロン酸は野菜や穀物には含まれておらず、多く含むのは主に動物由来の素材。たとえば、魚の目玉、鶏のトサカなど、あまり身近なではないものばかりで、普段の食事では摂りにくい成分なのです。そこで最近は、栄養補助食品から補う方法が注目されています。
  • たっぷり200 MG 配合その秘密は
    マヨネーズで知られるキユーピー
    マヨネーズで知られるキユーピーは、じつは30年以上にわたって高純度ヒアルロン酸の生産を行っている国内有数のヒアルロン酸メーカーでもあります。マヨネーズ作りに欠かせない食酢の製造から得た発酵技術を応用して、ヒアルロン酸を安定的に供給できる発酵法による製造法を開発し、純度の高い良質なヒアルロン酸を豊富に生産することに成功。独自の技術があるからこそ可能な、贅沢配合の健康食品なのです。
  • 二つの軟骨成分配合にも注目
    グルコサミンとキユーピーオリジナルのコンドロイチン硫酸
    ヒアルロン酸を主成分に、エビ・カニ由来のグルコサミンとキユーピーオリジナルのコンドロイチン硫酸を配合。この2つの成分も、年齢とともに減っていく成分であり、ヒアルロン酸と一緒にバランスよく摂ることで、よりスムーズな動きのサポートにつながります。

ヒアルロン酸とグルコサミンサプリメントの口コミ

五十代に入った頃からケアしたいと思っていました。

仕事柄外回りする仕事が多く歩く距離も長いため50代に入った頃からケアしたいと思っていました。
しかし知識もなくどんな商品を選べばいいのかわからないまま過ごしていました。
ただサプリメントは信頼のおけるメーカーで買えばよかったと思っています。
そんな時にキューピーさんの商品を知りさっそく早速使用してみることにヒアルロン酸グルコサミンコンドロイチンの三つの成分が一度に摂取できるのでとても満足です。

年齢とともに動きに不安を感じることが多くなり

年齢とともに動きに不安を感じることが多くなりヒアルロン酸&グルコサミンを使ってみようと思いました。
飲み始めてからは不幸などの悩みが少なくなり楽しく過ごしています
重労働な仕事なのでこれからも重宝して飲み続けたいと思います

30代の頃から趣味でジョギングをしていました

30代の頃からジョギングをしていました
年齢のせいもあるのか40代に差し掛かった頃動きが鈍くなり走ることが楽しみを感じることになりました
そんな悩みを抱えている中キューピーのヒアルロン酸&グルコサミンに出会いました
最初は半信半疑であまり期待していませんでしたが20代の頃までとはいかないものまだまだ元気に走れると思います

ヒアルロン酸とグルコサミンサプリメントの定期購入

ヒアルロン酸とグルコサミンサプリメントの定期購入

  • 初回は何と半額で2回目以降はずっと5%割引でお届け
  • 商品を実感いただくために3回以上の継続をお勧めします
  • 毎月約30日ぶんの商品一袋を定期的に送料無料でお届けします

続きを読む

N-アセチルグルコサミンの購入なら:口コミ・体験談

N-アセチルグルコサミン

最近あなたの生活にこんな変化はありませんか?

年を重ねるにつれ思い通りにいかないことが増えた
その原因はヒアルロン酸が年齢とともに激減するからかもしれません 。

だから加齢とともに減少していく成分を補うことが大切なのです。

N-アセチルグルコサミンの口コミ

痛みが嘘のようになくなりました

関節痛で悩んでいたので、UMIオンラインショップのn-アセチルグルコサミンを使うようになりました。
これを使うようになってから、足が痛いという症状がなくなったのです。
n-アセチルグルコサミンは、天然素材のカニなどの殻から酵素の血からで抽出された天然のグルコサミンなので差具がだと思っています。
痛みが今は嘘のようになくなったので、快適に過ごすことができているのです。今後も快適に生活したいので、これを使います。

膝・足首の痛みが気にならなくなりました

最近何かと疲れやすく、また階段の昇り降りの際などに膝や足首に関節痛を感じるようになり、何かよいサプリメントはないかネット検索してみたところ、UMIオンラインショップのn-アセチルグルコサミンの販売ページと出会いました。
カニから抽出した天然型グルコサミンというところに安心感があり、また、定期購入の特別キャンペーンで初回が50%OFFという点も魅力的だったので早速申し込みました。
服用を開始して半年、膝・足首の痛みは今では殆ど気になりません。
もちろん今後も続けていくつもりです。水で飲まずに舐めて服用できるので、薬を飲むのが苦手な私でも続けられそうです。ラムネのような優しい甘さも気に入っています。

変形性関節症の方にもおすすめです

加齢の悩みを解消したくて。UMIオンラインショップで販売されているn-アセチルグルコサミンを使用しています。
n-アセチルグルコサミンは焼津水産化学工業が研究開発を手掛けている成分であり、ヒアルロン酸などといったグリコサミノグリカンの構成成分なのだそうです。
変形性関節症や乾燥肌などの改善効果があると聞いており、服用しているのでですが継続して飲み始めたところかなり調子がよくなってきていて、買ってよかったと思いました。

毎日が楽しくなってきました

私は年齢による関節の痛みで悩んでおり、UMIオンラインショップのn-アセチルグルコサミンを服用しています。
特許を取得している商品ですし、カニやエビの殻を使用した天然型のグルコサミンが豊富に含まれています。
年齢を重ねるごとに体内のヒアルロン酸が減少してきますが、一日に1粒服用すると不足しがちな栄養素が補えます。
50代、60代と年齢を重ねても、活力のある生活を送りたいのでn-アセチルグルコサミンを続けたいです。

N-アセチルグルコサミン
ウェルネスのN-アセチルグルコサミン:一粒で天然グルコサミン1000mg
公式サイトはこちら

ウェルネスのN-アセチルグルコサミンのこだわり

酵素によるこだわり抽出製法特許を取得

ウェルネスのN-アセチルグルコサミンのこだわり
N-アセチルグルコサミンは天然素材であるカニ・エビの殻から酵素の力によって自然の形を損なうことなくじっくり丁寧に抽出された天然グルコサミンです。
商品にグルコサミンと表示されているものとは抽出方法が異なります。
酵素による抽出は高い技術と手間がかかるため長年製品化は難しいとされていました。
焼津水産化学工業はこの南台にあえて挑戦し製法特許を取得しました。

N-アセチルグルコサミンとは

N-アセチルグルコサミンとは
グルコサミンのことはほとんどの方が知っていますよね?!
N-アセチルグルコサミンヒアルロン酸の素であり、体内にもともとある成分でもあります。
N-アセチルグルコサミンは天然のグルコサミンとは異なり体内に存在する成分と同じ形の天然型グルコサミンです。

モンドセレクション金賞

モンドセレクション金賞
UMIウエルネスのN-アセチルグルコサミンはモンドセレクション金賞3年連続受賞さらに国際優秀品質賞
国際的な品質評価機関であるモンドセレクションで2013年から2015年まで3年連続金賞を受賞
N-アセチルグルコサミンが品質・美味しさで総合的な評価をされた証です。

特許取得

一粒に1000mgのN-アセチルグルコサミンを配合
N-アセチルグルコサミンが1粒に1000mgもも含まれているのはUMI ウェルネスのN-アセチルグルコサミンだけです。
この技術は特許として認められました。
ほんのりとした甘みは天然グルコサミン本来の味です。
ラムネ菓子のようにいつでもどこでも手軽に食べられます

焼津水産化学工業について

東証一部上場企業焼津水産化学工業が量産化に成功
N-アセチルグルコサミンはUMIウエルネスグループ会社である焼津水産化学工業化15年以上の歳月をかけて量産化に成功したものです。
焼津水産化学工業は海の恵みから天然調味料を作っています。
製品は大手食品メーカーの調味料業務用のだしなどに広く使われその社名は知らなくてもほとんどの人が口にされたことがあるかと思います。
さらにキチン・キトサン研究の国内パイオニアとして知られており研究開発に力を入れています。
その一つがN-アセチルグルコサミンですカニやエビの殻からN-アセチルグルコサミンだけを選んで抽出することは非常に困難とされていました。
しかし焼津水産化学工業の研究者はある特殊な酵素を使うことにより、天然の形N-アセチルグルコサミンの抽出に成功しました。
これにより量産化製品化が実現したのです。

N-アセチルグルコサミン
ウェルネスのN-アセチルグルコサミン:一粒で天然グルコサミン1000mg
公式サイトはこちら

続きを読む

コンドロイチンの特徴:コンドロイチンの摂取方法

コンドロイチンの特徴

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、コンドロイチンの正式名称で硫酸基が結合したものです。

AからEまでの5つの種類

その結びつき方によって、AからEまでの5つの種類に分かれます。
軟骨に多く含まれているのはAとCで、皮膚に多く含まれているのはB、サプリメントによく使われるサメの軟骨に多いのはDタイプになっています。

ムコ多糖類の一種

動物の組織や体液に存在するムコ多糖類の一種で、とくに軟骨に多く含まれています。
コンドロイチンの特徴は軟骨ではたんぱく質と結合してプロテオグリカンを形成して関節を守るクッション材、保水性、弾力性で関節の痛みをやわらげます。

加齢とともに減少する

コンドロイチンは20代までは体内で合成されますが、加齢とともに減少して軟骨部分のクッション機能が失われてしまいます。
そのため中高年以降に多い症状に、骨と骨の隙間ができて骨格がずれ神経を圧迫して痛みが発生することがあります。
そこで神経痛の痛みの改善には、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを補充する必要があります。

関節痛以外にもいろいろ効果あり

そのほかの効果には肩こり、眼精疲労、腎炎の予防、自律神経失調症、動脈硬化、リウマチなどがあり、健康維持とアンチエイジングに大切な成分です。
医薬品やサプリメントで摂取することで、健康維持が可能になります。

コンドロイチン 摂取

コンドロイチンの摂取方法

歳とともに身体に異常を感じてしまう、その主なケースのひとつが関節痛です。
身体を動かす度に感じる痛みは日常生活に支障をきたし、辛いから動かない、それが運動不足に繋がるという、悪いサイクルに入り込んでしまう場合があります。
そんな関節痛に効く、科学的効果を立証されたのがコンドロイチンです。
医薬品としても使用され、数多くの人に愛用されています。

食品から摂るコンドロイチン

関節をつなぎ目にある軟骨のクッションの役割を担う成分で、これによって身体を曲げたり伸ばしたりする行動を楽にしてくれます。
通常の食生活から摂取する場合は粘り気のあるものがおすすめとされています。
納豆やオクラ、山芋などです。
健康に良い食材では有りますが、コンドロイチンに限っていえば、得られる量はさほど多くありません。

サプリはコンドロイチンが主成分として配合されているものを

そこでおすすめされるのがサプリメントです。
この成分はある程度の量を摂らなければ関節痛への効果はないことが立証されています。
よって、主成分ではなくおまけとして配合されているようなサプリメントは控えたほうが良いでしょう。
必ず主成分としてどれくらいの量が配合されているのか確認をする必要があります。
1日に1000mg以上は必要というデータが出ていますので、信頼のおける情報と照らしあわせて摂取しましょう。

コンドロイチンの副作用

コンドロイチンは関節の痛みを和らげる効果がある成分として知られています。
もともと人体にも存在する成分で、軟骨や骨に弾力性を与えて、摩擦や衝撃から関節を守っています。
また、角膜や皮膚、臓器にも弾力性と保水性を与える働きをします。
この働きは骨粗しょう症、ドライアイ、高血圧、肌乾燥の予防と改善に役立ち、幅広い効果があります。

消化管症状などの副作用

健康にも美容にも優れた効果があるため、ぜひ摂取しておきたい成分ですが、気になるのは副作用です。
主な副作用は胃痛や吐き気といった消化管症状です。
また、むくみや心拍数の乱れが起こる場合も報告されています。

ただし医薬品ではなくサプリメントで摂取する場合は、これらの症状は軽いものとされています。
いずれにせよ、持病がある場合は一度医師や薬剤師に相談しましょう。

牛乳や乳製品にアレルギーのある方は食べ物から摂取しましょう

また、基本構造が乳糖なので、牛乳や乳製品にアレルギーのある人は飲むのを避けてください。
乳糖分解酵素を体内に持っていない人が摂取すると、消化されずに排出されてしまいます。
コンドロイチンは納豆、里芋、オクラ、なめこなどのぬるぬるした食べ物に多く含まれています。
医薬品やサプリメントを飲むのが心配な場合は、こうした食べ物から摂取するとより安全です。

コンドロイチン 不足

コンドロイチンが不足すると

人間の身体はスムーズに動いていると思えますがその皮膚の下には骨があります。
スムーズな人間の動きを実現するために、骨は全て繋がっているのではなく、各パーツに分かれているものが連動して動いています。
骨と骨を繋いでスムーズに身体が動くようにしてくれているのが関節です。
コンドロイチンの不足は関節の動きに大きくかかわっており、不足することで関節の動きが悪くなります。

関節痛のしくみ

関節痛のしくみ

コンドロイチンは関節の潤滑剤の役割をしているため、潤滑剤がなくなるとドアの蝶番がさび付いて動きが悪くなるように関節の動きが悪くなってしまうので痛みが生じてしまいます。
これが関節痛と言われているものです。

臨床試験

体内でも生成されている成分ではありますが、年齢を重ねるとその生成量が減ってしまうので膝やひじなどの関節に痛みが生じてしまうのです。
大規模な臨床試験も行われており、コンドロイチンを服用した人には関節の痛みの軽減したり、服用していない人に比べて歩行のスピードが上がったといいます。
コンドロイチンはデータが発表されており、実際に医療現場でも治療に取りいれられている成分です。
このことからも関節痛の症状の改善や予防のためにはコンドロイチンをきちんと摂取し、関節の動きをスムーズにしておくことが重要だということがわかります。

コンドロイチンが含まれる食品

コンドロイチンが含まれる食品

コンドロイチンは軟骨に含まれる成分で、関節痛を抑えるクッション効果がありますが、年々生成量が減少していくので、食事などで補う必要があります。
この成分を含んだ代表的な食品といえば、山芋や里芋、オクラ、なめこ、すっぽん、ふかひれなどで、他にもうなぎやタイ、ひらめなどの魚類や、牛や豚の軟骨、鶏皮などの肉類に含まれています。

【野菜】【魚類】【肉】
山芋
里芋
オクラ
なめこ
すっぽん
ふかひれ
うなぎ
たい
ひらめ
牛の軟骨
豚の軟骨
鶏皮

おすすめの調理法

味噌汁に入れたり、鍋料理にするなど、色んな方法で食べられるので、メニューを工夫すれば、コンドロイチンを毎日摂取することが出来ます。
ただし食品に含まれているコンドロイチンはごくわずかなので、毎日の食事だけで必要な量を摂取するのは難しいでしょう。

コンドロイチンを摂取しやすい方法

献立を考えるのも面倒なので、もっと簡単な方法で摂取したいときはサプリメントを利用するようにしてください。
今はさまざまなメーカーからサプリメントが発売されているので、それを利用すれば、気軽に体内に摂り入れることが出来ます。
一日数粒を飲むだけで、辛い関節痛の痛みを和らげる効果を期待できるので、口コミの評判の良い商品を選んで購入することが大切です。
近所のスーパーやドラッグストアで欲しいサプリが売っていないときは、インターネット通販で探すようにしましょう。

コンドロイチンと乳酸菌

コンドロイチン 乳酸菌
ムコ多糖類の一種であるコンドロイチンは、皮膚や粘膜、軟骨をはじめ、体内のいたるところに存在している成分です。
加齢とともに減少するために、結果としてひざなどの関節痛を引き起こしてしまいます。
進行すると、軟骨が損傷してしまうことがあり、注意が必要です。

人の健康は腸内環境に左右されています

長く元気にからだを動かしながら、健康的な生活を送るために必要な成分ですが、摂取するにあたり、重要なことがあります。
それは、腸内環境が整っているということです。
人の健康は腸内環境に左右されているといっても過言ではありません。
からだにとって必要のないものを排せつする機能を持つ腸の環境が悪化してしまうと、栄養の吸収が阻害され、悪玉菌や毒素が排せつされずに体内に残ってしまいます。
その結果、肌荒れを含む心身の不調を引き起こしてしまいます。

吸収効率をUP

そこでおすすめなのが、乳酸菌をしっかりと摂るということです。
乳酸菌は善玉菌で、悪玉菌を抑え込み、腸内環境を良くしてくれます。
腸内環境が良くなれば、コンドロイチンの吸収効率がよくなり、摂取したものの効果の恩恵を受けやすくなります。
両方ともサプリメントで摂るのが望ましいとされていますが、両方配合されているサプリメントはあまりありません。
それぞれ自分にあったものを併せて飲んでみましょう。

続きを読む

コンドロイチンの働き:老化を防ぐ効果

  • 老化を防ぐ効果
  • 解毒作用
  • 血圧降下作用
  • 水分や栄養分を組織や細胞に伝える

コンドロイチンの働き

老化を防ぐ効果

コンドロイチンの働き

コンドロイチンには老化を防ぐ効果があります。
関節に良いとして知られていますが、軟骨や皮膚、粘膜に含まれグルコサミンから生成されます。
加齢とともに体内で作られにくくなり、20歳を超えると減少していきます。
軟骨には水分や栄養分を運び、弾力性を与える働きがあります。
減少すると軟骨がすり減り関節同士がぶつかって痛みが出たり、スムーズな動きができなくなってしまいます。
具体的には、組織固定作用といって細胞や組織同士の間をつなぐ働きをしています。

解毒作用、血圧降下作用

また、解毒作用がありますが、これは中に含まれるグルコロン酸によるものです。
他には、末梢血管の収縮を抑制するため、血圧降下作用があります。
積極的な拡張はしないため、穏やかな効果になります。

体をスムーズに動かしたり、老化を防ぐ働きがあります

そしてコンドロイチンは、血管から送られてくる水分や栄養分を、組織や細胞に伝える働きをしています。
そのため、コンドロイチンの生成量が低下すると十分な栄養を細胞に送ることができず、新陳代謝が悪くなります。
つまり、細胞や組織の機能が低下して老化してしまうのです。

コンドロイチンを積極的に取ることで細胞の老化を抑えましょう
ねばねばした食材やフカヒレ、ウナギ、すっぽんに多く含まれています。
健康的な生活を送るためにも、積極的に取っていきたいですね。

コンドロイチンの成分

特に多く含まれている箇所

コンドロイチンの働き

  • 軟骨
  • 角膜
  • 臓器
  • 皮膚
コンドロイチンとは元々人間の体の中に多量に存在する成分です。

  • 体の軟骨
  • 目の角膜
  • 各臓器
  • 皮膚

などに分布して、保水性や弾力性を与えてくれます。
コンドロイチンが特に多く含まれているのが軟骨で人間の軟骨の30%以上含まれているとされています。

コンドロイチンの含有量が多いサプリを選びましょう

しかし加齢と共に減少する事から軟骨にトラブルを起こしやすく、関節痛や炎症を起こしてしまいます。
そんな関節痛や炎症を抑える為にコンドロイチンを意識して食事から摂取する事が望ましく、食品の中でも納豆や山芋にオクラやなめこ、海藻やふかひれなどが効果的に摂取出来ます。
しかしコンドロイチンは食品で毎回意識的に摂取するのも現実的に難しいのが欠点です。
そこで毎日手軽に摂取する方法としてサプリメントによる摂取が効果的で色々なサプリメントが販売されているのです。
コンドロイチンのサプリメントではサメ軟骨から摂取している商品が多く、目安としては含有量の多いサプリメントをセレクトするのが望ましいです。

グルコサミンも併用で摂取すると効果大

また併用してグルコサミンも摂取する事でより効果を高める事が出来ます。
コンドロイチンの1日の摂取量の目安は1000mg~1200程度です。
食品に含まれる量も調べておけば足りない時にサプリメントで補う事により無駄も無くなります。
効果的に加齢による関節痛の悩みを取り除きましょう。

コンドロイチンを摂取してみて

試しにサプリメントを一袋購入

コンドロイチンというと、テレビなどでよく耳にする成分ですが、実際効くのだろうか?なんて思っている方はいませんか。
私は関節の痛みをなんとかしようと思い、2年ほどコンドロイチンを摂取しています。
最初のきっかけは、やはりテレビでした。
半信半疑でしたが、お試しに、と思いサプリメントを一袋購入したのが始まりです。

一袋を半分ほど消費したころから変化が

飲み始めて数日は全く実感出来ず、やっぱりダメか、と諦めかけていたのです。
ところが一袋を半分ほど消費したころでしょうか、自宅の階段をすっすっと早歩きくらいのスピードで登っていけることに気付いたのです。
いつもなら、一歩一歩立ち止まるくらいの速さでやっと登り切っていたのに。

久々の散歩

これはすごいと思い、そのまま滅多にしない散歩へ出ました。
久々の散歩はとても気持ち良く、スタスタ歩けることへの感動も手伝って、目が潤んでしまいました。
生活にもハリが出て、趣味だった料理も再度拘るようになり、少し離れたスーパーをハシゴするなど、活発に過ごせています。

飲み続けることが肝心

やはり、飲み続けなければ効果は出ないんですよね。
それからは、継続購入し、長い付き合いとなっています。
関節の痛みに悩んでおられるなら、まずは試してみることをおすすめしますよ。

続きを読む

ヒアルロン酸の特徴・効果・摂取方法・食べ物まで

ヒアルロン酸の補給

ヒアルロン酸の保水効果

ヒアルロン酸の補給は、動きの鈍くなってしまった軟骨に油をさすようなものを想像してください。
ヒアルロン酸は鎮痛剤のように強い痛みを取り除いたり、グルコサミンのように軟骨を再生させるわけではありません。
ですが、ヒアルロン酸という潤滑剤を補うことで、関節の動きをスムーズにすることができるのです。
関節痛が起こった場合には、直接関節内にヒアルロン酸を注射する治療方法などがあります。
注射することによって関節でのヒアルロン酸生成力を高めたり、痛みや炎症を抑制する効果が期待できます。

美肌効果も

しかし、ヒアルロン酸の成分は年を重ねることで減少してしまう成分です。
減ってしまうと関節痛を引き起こしたり、肌の乾燥の原因となってしまいます。
肌の減少には、外側からのケアが有効です。
ヒアルロン酸の成分が配合されている化粧水や乳液などで肌に塗ると角質層の水分を抱え込んでこれ以上の水分が蒸散するのを防ぐことができるとされています。

ヒアルロン酸が含まれている食品

ヒアルロン酸は私たちの強い味方です

ヒアルロン酸は鮭やカレイ、魚の目や鳥の軟骨、豚足、山芋やオクラなど様々なものに含まれていますが、分子が大きいため体内では吸収されにくいという欠点があります。
ヒアルロン酸サプリメントなども販売されていますが、きちんと吸収できるものを選ぶことが大切です。

ヒアルロン酸は関節症以外にもさまざまな効果が

ヒアルロン酸 関節症
ヒアルロン酸は関節症予防だけでなく美肌効果に優れ、美容整形にも使われています。
ツヤ・ハリのある肌でいるためにも日々のお手入れに取り入れてみると良いでしょう。

美容効果としても

ヒアルロン酸には美肌効果があるのです。
ヒアルロン酸は肌の真皮という部分に多く含まれ、保水力に優れています。
蓄えた多くの水分によって、肌をシワやタルミの無い肌にしてくれます。
加齢によって減少してしまうのですが、積極的に肌に取り入れることで改善できます。
方法としては、コスメを使うのがいいでしょう。
ヒアルロン酸は食事から摂ることもできますが、難しいです。
多く含まれる食材は、フカヒレや鶏のトサカなど手に入れにくく、調理の時に40度の熱で壊れてしまうのです。
また、吸収されるときは糖とアミノ酸に分解されるので、結局意味が無くなります。

コスメの場合は低分子ヒアルロン酸がおすすめ

ヒアルロン酸は一方コスメの場合、浸透させることで肌に直接届けられます。
選ぶ際は、低分子ヒアルロン酸にしましょう。
低分子のものは、角質内の角化細胞間に入り込み奥まで浸透できます。

美容整形での使用も

コンドロイチンが不足すると

ヒアルロン酸は最近では、美容整形にも使われています。
注射を使って肌に直接注入する方法があり、効果をすぐに実感できます。
シワやタルミに直接注入するため、肌に刻まれた溝を盛り上げてくれます。
半年から数年で吸収されるので、定期的に注入する必要があるでしょう。

豊胸手術や鼻を高くする

ほかにも、ヒアルロン酸は豊胸手術鼻を高くする手術のために使われます。
人間由来の成分であるため、副作用の心配がなく触った感じもほとんど違和感がありません。

ヒアルロン酸 摂取方法

ヒアルロン酸の摂取方法

ヒアルロン酸は体内の細胞同士をつなげる役割をし、関節や皮膚の水分を保つ働きをしています。
しかし、年齢とともにその数は減少して関節の痛みや肌のハリを失わせてしまいます。
身体を動かすのが億劫になるとますます非活動的になり、生活のハリと肌のハリ両方が失われていきます。

効率よく摂取するにはサプリメント

これを防ぐためにはヒアルロン酸が含まれている食品を食べる必要があります。
納豆やおくらなど粘ついたものを食べると補うことができますが、分子が大きいので吸収が非常に困難です。
そのため、効率よく摂取するにはサプリの服用が大事になってきます。
サプリには低分子のものが売られているので、食品で補うより効率が良いのが特徴です。

ヒアルロン酸サプリ選びで悩んだら

購入すると決めたらなるべく高いものを選ぶと効果が期待できます。
安いものだと分子が大きい可能性があります。
低分子の方が吸収効率が高いので、確率を上げるためにも高価なものを買いましょう。
購入したら普段の食事に取り入れて、不足分を補いましょう。

過剰に摂取に注意
もちろん過剰に摂取は体に悪い影響が出る可能性があります。
記載されている摂取量を守り、服用しすぎないように注意しましょう。。

規則正しい生活習慣も大切

一番効果を発揮させるには規則正しい生活習慣にすることが大切です。
夜更かしや偏った食事をしていると十分に補えません。
整った生活習慣が組み合わさることで、うまく効果が発揮できるようになります

ヒアルロン酸を増やす食べ物

コンドロイチンサプリ選びで気を付けること

ヒアルロン酸は動物食でしたら鶏の軟骨、鶏手羽、鶏の皮、トサカ、豚足、鮭、カレイ、魚の目、フカヒレ、すっぽん、うなぎ、植物食でしたらもずく、めかぶ、納豆、オクラ、山芋に多く含まれています。


【動物性食品】【植物性食品】
  • 鶏の軟骨
  • 鶏手羽
  • 鶏の皮
  • トサカ
  • 豚足
  • カレイ
  • 魚の目
  • フカヒレ
  • すっぽん
  • うなぎ
  • もずく
  • めかぶ
  • 納豆
  • オクラ
  • 山芋

ヒアルロン酸はを効果的に摂取を行うためにはサプリメント

通常の食生活の中で効率的にヒアルロン酸を摂取するには上記が含まれている食事を行う習慣が大切になってきます。
ただ、吸収はあまり良くない成分ですから、ヒアルロン酸はを効果的に摂取を行うためにはサプリメントを併用したほうが良いでしょう。
ヒアルロン酸は美肌を考えた場合にはとても有効な成分ですが分子が大きく吸収が良くないのが難点でもあります。
仕事等が忙しく、日常の食生活が不規則になりがちでしたら、サプリメントを併用する形で摂取をしていったほうが良いでしょう。

意識して摂取

肌に気を遣い若返りを考えていくのでしたら、意識して摂取していく必要があります。
美肌効果だけでは無く、艷やかな肌を手に入れることで、メイクの感じも変わっていき、自分の肌に自信を持てるようになっていきます。
関節に潤いが与えられ動きもよくなり、、肌も綺麗なると、アクティブな性格に変わっていくものです。
日々の生活のなかで意識して摂取していくことで誰でも気楽に美肌効果を得ることが可能です。

続きを読む

グルコサミンの特徴・グルコサミンサプリ選び方:関節症以外にもさまざまな効果が

関節部分の軟骨のすり減りや損傷を修復したり強化したりと、健康のサポートをしているものがグルコサミンです。

グルコサミンの特徴

ブドウ糖とアミノ酸が結びついたアミノ糖という物質の一つで、軟骨を構成するプロテオグリカンという大切な成分の原料になっています。

  • 細胞と細胞をつなぎ合わせる
  • 新陳代謝を活性化させる
  • 炎症を鎮める抗炎症作用
  • 関節の動きをスムーズにする
  • ドロドロの血液をさらさらにする
  • 血行を促進する
  • 血栓予防
  • 動脈硬化予防

関節の動きをスムーズにする

グルコサミンの特徴細胞と細胞をつなぎ合わせる役わりがあって、新陳代謝を活性化するだけでなく関節の動きをスムーズにする働きがあります。

肘や膝などをスムーズに曲げ伸ばしができる重要な成分ですが、加齢とともに体内での生成能力がおとろえてしまう成分でもあります。

加齢だけでなく運動不足、肥満によっても生成能力がおとろえてしまうため、50代を過ぎると膝に痛みをもつ人がふえてきます。

最近は若い世代でも食生活などの乱れによってこの成分不足から新陳代謝がおとろえ、肘、足首などに障害をもつ人が出始めています。

炎症を鎮める抗炎症作用

更にもう一つの特徴は骨の修復だけでなく痛みがでてしまった場合は、根本的な原因の炎症を鎮める抗炎症作用があることです。この抗炎症作用で膝などの痛みの緩和に、かかせない成分です。

さらにドロドロの血液をさらさらにする効果血行を促進する効果などが血栓予防動脈硬化などにも効果があり、様々な分野から期待されています。

グルコサミンの効果効能

グルコサミンの効果効能

グルコサミンは、関節痛を改善する効果があります。

関節痛は、軟骨がすり減ることで関節の骨同士がぶつかるためにおきます。

そのため、関節痛を治すには軟骨の機能を向上さえる必要があります。

軟骨の主成分を作る働きがある

  • 軟骨を修復して再生
  • 軟骨の強度を高め柔軟性を高める
  • 細胞の炎症を抑えたり、血小板が固まるのを抑える

グルコサミンには軟骨の主成分であるプロテオグリカンを作る働きがあり、軟骨を修復して再生できるため、関節痛を改善できるのです。
ほかにも、グルコサミンには軟骨の強度を高め柔軟性を高める働きがあります。
軟骨芽細胞という骨を作る細胞を刺激し、軟骨の生成を促進して、関節のスムーズな動きを高めるからです。
また、細胞の炎症を抑えたり、血小板が固まるのを抑える効果があります。

グルコサミンとコンドロイチンは一緒に摂取しましょう

グルコサミンは加齢とともに減少してしまうのですが、積極的に摂取することで改善できます。

そのときは、コンドロイチンも一緒に摂りましょう。

コンドロイチンは、軟骨の構成物質であるプロテオグリカンの成分の一つです。

水分を維持し弾力を与えたり、軟骨の破壊を抑制したりする働きがあります。

一緒に取ることで効率よく軟骨を保護し再生できます。

グルコサミン&コンドロイチンのサプリ

摂取の方法ですが、グルコサミン&コンドロイチンのサプリがいいでしょう。

まずははじめにこちらの記事を読んでほしい。

関節痛サプリメントを比較してみました

もともと、カニやエビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質に含まれているのですが、食べても吸収できないのです。

ですから、体内で吸収しやすいように抽出されたサプリで補給するのがいいでしょう。

グルコサミンサプリ選びで気を付けること

グルコサミンは膝・肘・腰などの関節の痛みやその予防効果があり、グルコサミンサプリで摂取できます。

グルコサミンサプリの種類

原料はカニなどの甲毅類ですので、製造方法は塩酸処理・硫酸処理・酵素処理などが用いられています。
このため、グルコサミンサプリの種類によって含有量や吸収率が違ったりします。

塩酸処理と酵素処理の違い

  • 【塩酸処理】
    硫酸処理より純度が高く、吸収も約1.3倍高い
    一日当たりの摂取目安量は1500mg
  • 【酵素処理】
    N-アセチルグルコサミンと呼ばれ、塩酸処理のものより吸収率や浸透率が優れている
    一日当たりの摂取目安量は800mg

塩酸処理は硫酸処理より純度が高く、吸収も約1.3倍高いと言われています。
また、酵素処理はN-アセチルグルコサミンと呼ばれ、塩酸処理のものより吸収率や浸透率が優れています。
塩酸処理の場合一日当たりの摂取目安量は1500mg程度ですが、酵素処理した製品であれば800mgで同じ効果が得られると言われています。

注意点

また、近年はより効果を高めるために成分にコンドロイチンを配合したものが多く販売されています。
自分にあったサプリを選ぶときは、必ずラベルを読んで製造法や1粒当たりの含有量を確認してください。
摂取する量を守っていれば、ほとんど副作用はありませんが、カニやエビなどの甲毅類にアレルギーがある人は摂取しないでください。

また、持病で糖尿病や高脂血症あるいは高血圧などがある場合は摂取をしない方が無難ですが、摂取する場合は医師に相談したりするなど十分注意しながら服用するようにしてください。

  • 製造法や1粒当たりの含有量を確認すること
  • カニやエビなどの甲毅類にアレルギーがある人は摂取しない
  • 糖尿病や高脂血症あるいは高血圧などがある場合は摂取をしない

グルコサミンを飲み始める年齢

膝や関節に痛みや違和感を感じ始める年齢というのは人によって違うので、激しい運動をしているなどの理由で酷使している人の場合は、20代から悩まされていることもあります。
しかし一般的には40~50代頃から感じるようになるので、歩くだけでも辛いという方はサプリで対処するようにしましょう。

痛みの原因

痛みや違和感を感じる理由は、関節に含まれているグルコサミンの量が減少したからです。
骨のクッション部分が少なくなったので、軟骨がすり減ってしまい、それで歩いたり、階段の上り下りをするたびに痛いと思うようになるのです。
実はこの成分は10代から少しずつ減っていて、20代には生まれたときの半分ほどになっていますから、足りない成分はサプリで補うようにしてください。

子供の摂取について

子供が膝を痛がると、サプリを飲ませるべきかと、悩んでしまう保護者の方もあるようですが、成長期のあいだは体内に十分にある成分なので、わざわざ子供の摂取を考える必要はありません。子供には軟骨を生成する能力が備わっていますから、たとえ関節痛を訴えたとしても、それは軟骨が磨り減ったためではなく、成長痛だと思うべきです。
下手にサプリで摂取すると、体内でグルコサミンを生成する能力が衰える可能性があるので、20代になるまでは飲ませない方が良いでしょう。

グルコサミン 効果

グルコサミンは関節症以外にもさまざまな効果が

グルコサミンという成分について、大半の人が関節痛の予防と改善に効果があるものとして認識しているでしょう。
この成分はカニやエビなどの甲殻類の殻に含まれていますが、人体にも存在します。

軟骨成分として有名

軟骨に多く存在するため軟骨成分とも呼ばれます。
軟骨は骨と骨をつないで関節を支える役目を果たしますが、年齢とともにすり減っていきます。
これが関節痛の原因です。
軟骨成分は軟骨を強化して動きを活性化させる働きがあるため、軟骨の損傷から生じる痛みを予防・改善するのに効果があると言われているのです。

グルコサミンの効果

しかし、他にも効果があることはあまり知られていません。
グルコサミンには血小板の凝集能力を抑制高血圧して、血行を促進する働きがあります。
つまり血行不良に起因する高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防効果があります。
また血行が良くなることで、肌が整ったり育毛剤として働いたりもします。

  • 育毛剤
  • 血行促進
  • 美肌
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞

グルコサミンは関節痛対策だけではなく健康にも美容にもさまざまな効果をもたらす成分ですが、十分な効果を得るには継続して飲むことが重要です。

最近では多くのメーカーからサプリメントが販売されています。
ここで述べたような症状がある人は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

グルコサミンで階段の昇り降りが楽に・・・

階段の昇り降りにズキンとした痛みが

グルコサミン 年齢元々太っているため、娘からも「将来膝に負担がかかるよ」と言われていました。
これまでは特に問題は無かったのですが、とうとう娘が言っていたとおりになってしまいました。
60歳を過ぎた頃からどんどん膝の痛みを感じるようになりました。
膝の関節に負担がかかっているようで、昇り降りをする度にズキンとした痛みを感じてしまいます。

はじめは半信半疑でしたが・・・

とにかく不快な痛みで、だんだん二階へ行くのも億劫になっていました。
そんな私を見て、娘がプレゼントしてくれたのがグルコサミンです。
これまでサプリメントを飲む習慣がなかったので、「こんな小さな粒で、本当に膝の痛みが無くなるの?」と半信半疑でした。

2か月後ぐらいからだんだん痛みが緩和された

最初の1ヶ月ぐらいはあまり変化が感じられなかったのですが、毎日続けると2か月後ぐらいからだんだん痛みが緩和されていきました。
「もしかして効果が出てきたのかな?」と思うようになってからは、どんどん痛みも無くなっていきました。

本当に感謝

最近は膝への負担を軽くしようと、ウォーキングをして痩せる努力もしています。
以前なら少し歩いただけでも膝に痛みを感じていましたが、今では1時間ほど歩いても全く痛みは感じません。
もちろん階段の上り下りも問題なく、娘にグルコサミンを勧めてもらって本当に感謝しています。

続きを読む

関節痛の原因となるもの:関節痛の仕組み

近年高齢者は、筋肉も弱ってきて老化と共に、膝の痛みを訴える人が増えています。

関節痛の原因

外出したいけど関節痛が酷くて、歩くのが辛いという人も少なくありません。

原因:変形性膝関節症

中高年が抱える膝の痛みの多くは、変形性膝関節症です。
変形性膝関節症は、骨の表面を覆っている軟骨が、擦り減っていく病気です。
原因は定かではなく、加齢による関節軟骨の老化、肥満、筋力の低下などが挙げられます。

原因:遺伝や日常生活動作など

遺伝的要因も考えられ、日常生活動作など様々な原因が考えられます。

原因:骨や軟骨を破壊する酵素

最近関節液中に、骨や軟骨を破壊する酵素が発見され、これが原因という説もあります。

年齢・性別

40歳代から徐々に増える傾向にあり、男性よりも女性に多いです。
症状は、立ち上がるときや、歩き始めに痛みがあり、しだいに痛みが強くなって歩行困難になります。

関節内に関節液がたまる事も

関節内に関節液がたまる事もあり、このような症状が進行すると、膝に体重がかかるようになります。
それに伴い、O脚になってしまうこともあります。
治療方法は、薬物療法や温熱療法、運動療法等があります。
高齢化社会を迎えて、この症状にかかる人の数も、増加の一途をたどっているのが現実です。
これからの余生を元気に過ごせるように、筋肉を鍛える運動も予防として必要不可欠です。

体重増加による関節痛の原因

体重増加 関節痛
近年、高齢化が進んでいます。
健康で年齢を重ねていけばこれほど良いことはないです。
しかし年齢と共に筋肉の衰えが目立ち、そのために消化した食べ物が脂肪となって体内に溜まることが多くなります。
いわゆる肥満体形になってしまいがちになります。
このように体重が増加しますと、脚や膝にかかる体重が増えてきます。

膝のためにも適正体重を心がけましょう

この体重の増加が膝の関節部分にかかる負荷を増やします。
肥満による体重の増加が膝の関節痛の原因ともなります。
このようにならないためには食事の制限や運動をすることによるダイエットが求められます。

適度に無理のない運動を習慣的に行いましょう

ダイエットの方法は様々ありますが、適度に無理のない運動を習慣的に行うことが大切です。
膝関節の痛みをやわらげる意味からも運動によるダイエットは欠かすことが出来ないです。
どうしても現代社会で生活している方は運動不足になりがちですが、このことから起きる運動しないの悪循環から肥満の進行、膝関節の痛みの発生につながります。
膝関節の負担を軽減させる意味からも適度な運動と食事の摂取方法の改善によるダイエットが推奨されます。

運動とともに膝関節の痛みを取り除くサプリメントが効果的

他の方法としましては膝関節の痛みを取り除くサプリメントも開発されていますので、運動をされることと共に用いることがおおいなる効果が期待できます。

関節痛の仕組み

関節痛の仕組み

膝や肘など、体の様々な部位の関節に痛みを引き起こす関節痛は関節を動かすことで痛みを感じたり、何もしなくても痛みを感じたり等、その症状も様々です。

変形性膝関節症

関節痛を引き起こす病気の中で最も多いのが「変形性膝関節症」です。
変形性膝関節症は、老化が原因で通常、骨と骨の間のクッションの役割をしている軟骨がすり減ることで関節同士がぶつかり合うことで炎症を起こし、痛みを感じるようになります。

最も多い膝関節

痛みは肘や股関節など様々な部位にあらわれますが、最も多いのが膝関節です。
発症して最初のうちは長時間歩いた後や運動をした後に痛みを感じますが、症状が悪化してくると立つ・座るの動作や短時間歩くだけでも痛みを感じるようになるため、日常生活に支障をきたすようになります。

予防

ですが、変形性膝関節症やスポーツ時の関節障害は予防をすることができます。

スポーツをする前にはストレッチを入念に

まず、スポーツをする前にはストレッチを入念におこなって十分に体をほぐすことが重要になります。

太りすぎない

また、膝関節を痛める原因のひとつに「肥満」が挙げられます。
加齢と共に代謝が悪くなり、どうしても太りやすくなってしまいます。

バランスの良い食生活

なので普段からバランスの良い食生活を心掛け、適度な運動をすることで肥満と膝の膝関節痛を予防することができます。

続きを読む

コンドロイチンとは:CMでおなじみのコンドロイチン

「関節の痛みに効く」とCMでよく聞くコンドロイチンをご存知ですか。

コンドロイチンとは

名前はよく聞くけど、具体的にどういうものか、どのような効果があるのか分からないという方は大勢います。
実はこのコンドロイチンの成分は元々我々の体に存在する成分です。
そのため安心して摂取することができるのです。

軟骨の弾力性を高める

では、コンドロイチンがどういうものかと言うと、関節の骨と骨の間には軟骨というものが存在しています。
この軟骨は骨同士の間でクッションの役割をしており、関節を滑らかに動かす作用があります。
そんな軟骨には高い弾力性があるため、骨の衝撃を和らげることができるのです。
その弾力性を高める役割をしているのがコンドロイチンです。
コンドロイチンは軟骨成分の一つで、軟骨に水分を保持する働きがあります。
このおかげで軟骨はクッションとしての役割を果たすことができるのです。

体の老化とともに次第に減少

しかし、この軟骨は永久にその状態を保つわけではありません。
体の老化とともに次第に減少してしまいます。
すると軟骨の弾力性も減り、クッションとしての働きが不十分になるため、関節に負担をかけるようになり関節痛や関節炎を起こすのです。
そのため、サプリメントなどで軟骨成分を摂取すると軟骨の減少を防ぐとともに再合成を促すことにもなり、関節の痛みを緩和する効果があるのです。

コンドロイチンの役割

コンドロイチンは人体の軟骨・皮膚・粘膜や臓器などあらゆる場所に存在しますが、最も大きな役割を果たしているのは軟骨の中です。
軟骨の弾力性は水分を取り入れることで保たれていますが、その水分を軟骨に運ぶ役割をコンドロイチンが果たしているのです。

水分や栄養素を軟骨に運搬

血管は軟骨の中を通っていませんので軟骨は血液から栄養素を得ることができません。
このため、血管に代わって水分や栄養素を軟骨に運搬してその役割を果たすことで、軟骨の弾力性を維持しています。
コンドロイチンはプロテオグルカンという軟骨構成成分の中に存在していますが、歳を重ねるにつれて減少しますので、食品などを通じて補ってやることで老化を防止することができます。

コンドロイチンはグルコサミンと一緒に摂取するのが効果的

食品ではサメの軟骨・うなぎ・スッポン・山芋・オクラ・メカブなどぬるぬるしたものに多く含まれています。
また、グルコサミンが元になっていますので、グルコサミンと一緒に摂取するのが効果的と言われており、市販されているグルコサミンサプリは大部分含まれています。

グルコサミンサプリはコンドロイチンも含まれているものを選びましょう

軟骨に貢献するだけでなく若々しさを保ってくれる成分ですので、毎日食品から摂取できれば申し分ありませんが。
毎日となるとなかなか難しいと思われます。
グルコサミンサプリを飲まれる場合は、表示を確認してコンドロイチンが含まれているものを常用することをお勧めします。

コンドロイチンの歴史

コンドロイチンの歴史

コンドロイチンは化学的にはムコ多糖類に分類される物質で、他のムコ多糖類と同様に人体の各所に存在しています。
特に軟骨に多く存在していて重要な構成成分の1つになると同時に、柔軟性を確保して軟骨の機能維持の役割を果たしているという特徴があります。

名前の由来

体内で重要な成分の1つですが、その研究の歴史は意外に浅いものであり、発見自体が19世紀の半ばになっています。
動物の関節の中から抽出に成功し、その事が名前の由来にもなっていてギリシア語で「軟骨の元」を意味する言葉からコンドロイチンと命名されています。

最初は頭痛の緩和目的で研究されていた

化学構造の特定や薬剤としての研究は1940年代から本格的に始まっており、最初は頭痛の緩和目的で研究されていたという記録があります。
その後研究が急速に進み、1950年代になると関節の神経痛や変形性関節症の改善・眼精疲労や角膜保護といった幅広い効果が認められるようになりました。

医薬品としての許可を得る

更にはもともと人体にも存在する成分である事から外部供給を経ても副作用のリスクが少ない事も認められました。
当該症状に対する医薬品としての許可を得ています。
現在では他のムコ多糖類と配合して、関節や肌の機能維持の相乗効果を狙ったサプリメントも広く販売されるようになっています。

続きを読む

グルコサミンとは?:グルコサミンが不足すると

CMでおなじみのグルコサミン

グルコサミンとは膝の痛みや関節痛などに効果が期待できる成分としてサプリメントのCMなどでも知られているのは
グルコサミンです。
硬い骨と硬い骨が接している関節がスムーズに動くのは、軟骨がクッションの役割を果たしているからです。
クッションのおかげで膝を曲げたり歩いたりする動作がスムーズになるのですが、グルコサミンはその骨の生成に影響している成分でもあります。
また、骨のすり減りや損傷を補修したり、骨を強化することもあります。

グルコサミンは年齢とともに減少する

グルコサミンが含まれている食物

グルコサミンが体内で作られる量は年齢とともに減少し、軟骨も次第にすり減って修復や再生が十分にできなくなるのです。
この状態により関節のクッションの役割が低下して、関節の動きが制限されたり、骨と骨が擦れ合って膝痛などを引き起こす要因になります。
骨のすり減りや変形などを予防するためには年齢を共に減少する物質は補うことが必要です。

グルコサミンが含まれている食物

肘の関節痛 予防と改善

グルコサミンを補う方法は、この成分が含まれる食材を食べることです。
エビ、カニなどの甲殻類の殻に多く含まれています。
それらを毎日食べることは難しいものです。
そのため、成分を補うためにはサプリメントを上手に利用することが効率的な方法です。
立ったり、座ったりする動作以外にもスポーツなどの趣味を楽しむためにも必要な成分が減少すると、関節をスムーズに動かせなくなり辛いものです。
年齢とともに減少する成分は関節の健康が気になりだした時から補うことが大切です。

グルコサミンの歴史

グルコサミンの歴史
最近グルコサミンが注目されています。
これには加齢などですり減った軟骨を再生してくれる働きがあります。
ではその歴史はどのようなものなのでしょうか。

1960年代のヨーロッパから始まった

もともと関節痛に効果があるとされていたのですが、1960年代にヨーロッパで研究され、効果の検証などが実施されてきました。
そのような意味から、ヨーロッパを中心とした国々で愛用されていたのですが、1990年代に入るとアメリカへも伝わりました。
ある医師が関節痛に効果が高いと紹介したことから人気が出てきました。

コンドロイチンサプリ選びで気を付けること

肥満大国アメリカは関節で悩んでいる人も多い

アメリカでは肥満が問題となっているのですが、体重が重いと足の関節にもかなりの負担がかかり、関節痛につながってしまうのです。
それは重い体によって軟骨が磨耗することが主な原因となっています。
これに対し、グルコサミンは軟骨を再生する機能を持っていますので、人気が出るのは当然と言えるでしょう。

日本では

その後、日本にもこれが伝わります。
日本は世界トップクラスの高齢化社会であるため、関節痛を患っている人たちが多く、これが注目を集めることになったものです。
このような歴史をもっているのですが、そのほかには保水成分を持つヒアルロン酸と同時に摂取することで、より高い相乗効果が期待できます。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

グルコサミンが不足すると

グルコサミンは軟骨を構成する部分に多く、とくに関節と関節の間の部分に多く存在しています。
細胞同士を結合させる結合組織の働きがあるのが特徴です。
関節の周りにある軟骨などや靱帯、腱、爪や皮膚と様々な部分をつくる成分として存在しています。

変形性関節炎

コンドロイチンサプリ選びで気を付けること

グルコサミンがが不足すると関節と関節をつなぐ軟骨が少しずつ減少してきて、関節炎などの激痛をひきおこしてしまいます。
その不足によっておきる代表的なものに、変形性関節炎という病気があります。
関節と関節の間の接着剤やクッションの役割があるため、相当数減ることで痛みをともないスムーズな動きができなくなってしまいます。

主な症状

  • 階段ののぼりおりの時の膝の痛み
  • 椅子から立ち上がる時の痛み
  • 進行すると歩くだけで激痛

主な症状に階段ののぼりおりの時の膝の痛み、椅子から立ち上がる時の痛み、さらにもっと進行すると歩くだけで関節に激痛が走ります。

グルコサミンは20代をピークに減少していく

グルコサミンはもともと体内で合成、生産できる成分ですが、20代をピークに徐々に減少していきます。
とくに40代をこすと減少率が著しく50代になると、ピークの20%ほどしか生産できなくなっています。
軟骨の主成分であるため関節痛などの改善には、サプリメントや食品からとり入れておぎなう必要があります。
同じようにムコ多糖類のコンドロイチンをいっしょにとると、効率的に効果があらわれられます。

続きを読む

関節痛にはサポーターを使うべきか?サポーターを使うメリット・デメリット

変形性関節症での膝や腰、肘や手首などの痛み、スポーツに伴う膝や足首の捻挫など関節の痛みを持つ方は多いようです。

治療法も多岐にわたるため、これからどうやってこの痛みと付き合っていこうかという悩みを抱える方はたくさんおられるのではないでしょうか?

関節痛にはサポーター?

痛みがあるなかでも、動かないわけにはいかず、一つの手段としてサポーターがあげられます。

そこで、サポーターのメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

サポーターのメリット

サポーターの効果:温める

関節痛 サポーター
ほとんどの皆さんは、おなかが痛いときおなかに手を当てたりさすったりして温めてみますよね?
サポーターも、早く言えば痛い箇所を覆うことになるので温める効果があります。

サポーターの効果:不安定さを固定

また多くの関節痛は、その関節を動かすことによる痛みを伴うことが多いため、サポーターを使用することで関節の動きを制御し、痛みが減る効果も期待できます。
靭帯損傷などにより関節が緩くなってしまっている場合には、不安定さを固定する効果もあり、サポーターのメリットはたくさんあります。

サポーターのデメリット

一方で、関節の動きを制御するわけですから、関節周囲の血流が悪くなり、身体自身の治癒力も低下が欠点といえます。

変形性膝関節症 サポーター

補助としてのサポーター

総合的にみると、外出中や家事など痛みをおしてでも動かないといけないときの補助としてサポーターを使用し、ご自分のペースで無理なく動けるときは必要以上にサポーターを着用せず、身体の痛みのサインをしっかりと受け止めるのが適切なのではないでしょうか?


サポーターを使用外出中や家事など痛みをおしてでも動かないといけないとき
必要以上にサポーターを着用しないご自分のペースで無理なく動けるとき

関節痛にサポーターでケアしながら薬やサプリメントを飲んだ方がいい?

薬とサプリメントどちらを選んだ方が良いかは、解消したい症状の度合いによります。


サプリメント急速な改善よりも、穏やかな作用で体質改善のような効果を望む場合
それほどの症状でもなく、かと言って早めに不調を解消したい場合
医療機関医療機関を受診したほうが良いほどの症状であれば薬にすべきですし、その場合、迷うよりもまず病院へ行くことをお勧めいたします。

医療機関

医療機関を受診したほうが良いほどの症状であれば薬にすべきですし、その場合、迷うよりもまず病院へ行くことをお勧めいたします。

それほどの症状でもなく、かと言って早めに不調を解消したい場合も、薬のほうが有効です。

サプリメント

サプリメントには即効性が期待できないからです。

大抵のサプリメントは、少なくとも半月ほど服用を続けて、やっと改善の兆しが実感できるというものがほとんどです。

急速な改善よりも、穏やかな作用で体質改善のような効果を望むのであれば、サプリメントのほうが向いていると言えます。

薬やサプリメントの副作用について

関節痛 薬

アレルギー体質の人は、薬疹を起こしやすい場合もありますので、副作用の有無は重大な問題です。

サプリメントの中には効き目の強いハーブが使われているものもありますので、副作用がまったく無いとは言い切れませんが、通常の医薬品や処方薬よりは作用が穏やかですので、安心できる面があります。

ただ、持病の薬をすでに服用中の場合、飲み合わせがありますので要注意です。

あとは価格 高低、解消したい不調による効果の面での違いで決めていくと良いでしょう。

医薬品は確実な効き目

医薬品は厚生労働省認可を受けているぶん、効果や効能が確認されています。
安心で確実な効き目を求めるのであれば、サプリメントではなく、薬を選んだ方が良いと申せましょう。

関連記事
関節痛サプリの選び方

続きを読む

▲ページトップに戻る