ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の特徴・効果・摂取方法・食べ物まで

ヒアルロン酸の補給

ヒアルロン酸の保水効果

ヒアルロン酸の補給は、動きの鈍くなってしまった軟骨に油をさすようなものを想像してください。
ヒアルロン酸は鎮痛剤のように強い痛みを取り除いたり、グルコサミンのように軟骨を再生させるわけではありません。
ですが、ヒアルロン酸という潤滑剤を補うことで、関節の動きをスムーズにすることができるのです。
関節痛が起こった場合には、直接関節内にヒアルロン酸を注射する治療方法などがあります。
注射することによって関節でのヒアルロン酸生成力を高めたり、痛みや炎症を抑制する効果が期待できます。

美肌効果も

しかし、ヒアルロン酸の成分は年を重ねることで減少してしまう成分です。
減ってしまうと関節痛を引き起こしたり、肌の乾燥の原因となってしまいます。
肌の減少には、外側からのケアが有効です。
ヒアルロン酸の成分が配合されている化粧水や乳液などで肌に塗ると角質層の水分を抱え込んでこれ以上の水分が蒸散するのを防ぐことができるとされています。

ヒアルロン酸が含まれている食品

ヒアルロン酸は私たちの強い味方です

ヒアルロン酸は鮭やカレイ、魚の目や鳥の軟骨、豚足、山芋やオクラなど様々なものに含まれていますが、分子が大きいため体内では吸収されにくいという欠点があります。
ヒアルロン酸サプリメントなども販売されていますが、きちんと吸収できるものを選ぶことが大切です。

ヒアルロン酸は関節症以外にもさまざまな効果が

ヒアルロン酸 関節症
ヒアルロン酸は関節症予防だけでなく美肌効果に優れ、美容整形にも使われています。
ツヤ・ハリのある肌でいるためにも日々のお手入れに取り入れてみると良いでしょう。

美容効果としても

ヒアルロン酸には美肌効果があるのです。
ヒアルロン酸は肌の真皮という部分に多く含まれ、保水力に優れています。
蓄えた多くの水分によって、肌をシワやタルミの無い肌にしてくれます。
加齢によって減少してしまうのですが、積極的に肌に取り入れることで改善できます。
方法としては、コスメを使うのがいいでしょう。
ヒアルロン酸は食事から摂ることもできますが、難しいです。
多く含まれる食材は、フカヒレや鶏のトサカなど手に入れにくく、調理の時に40度の熱で壊れてしまうのです。
また、吸収されるときは糖とアミノ酸に分解されるので、結局意味が無くなります。

コスメの場合は低分子ヒアルロン酸がおすすめ

ヒアルロン酸は一方コスメの場合、浸透させることで肌に直接届けられます。
選ぶ際は、低分子ヒアルロン酸にしましょう。
低分子のものは、角質内の角化細胞間に入り込み奥まで浸透できます。

美容整形での使用も

コンドロイチンが不足すると

ヒアルロン酸は最近では、美容整形にも使われています。
注射を使って肌に直接注入する方法があり、効果をすぐに実感できます。
シワやタルミに直接注入するため、肌に刻まれた溝を盛り上げてくれます。
半年から数年で吸収されるので、定期的に注入する必要があるでしょう。

豊胸手術や鼻を高くする

ほかにも、ヒアルロン酸は豊胸手術鼻を高くする手術のために使われます。
人間由来の成分であるため、副作用の心配がなく触った感じもほとんど違和感がありません。

ヒアルロン酸 摂取方法

ヒアルロン酸の摂取方法

ヒアルロン酸は体内の細胞同士をつなげる役割をし、関節や皮膚の水分を保つ働きをしています。
しかし、年齢とともにその数は減少して関節の痛みや肌のハリを失わせてしまいます。
身体を動かすのが億劫になるとますます非活動的になり、生活のハリと肌のハリ両方が失われていきます。

効率よく摂取するにはサプリメント

これを防ぐためにはヒアルロン酸が含まれている食品を食べる必要があります。
納豆やおくらなど粘ついたものを食べると補うことができますが、分子が大きいので吸収が非常に困難です。
そのため、効率よく摂取するにはサプリの服用が大事になってきます。
サプリには低分子のものが売られているので、食品で補うより効率が良いのが特徴です。

ヒアルロン酸サプリ選びで悩んだら

購入すると決めたらなるべく高いものを選ぶと効果が期待できます。
安いものだと分子が大きい可能性があります。
低分子の方が吸収効率が高いので、確率を上げるためにも高価なものを買いましょう。
購入したら普段の食事に取り入れて、不足分を補いましょう。

過剰に摂取に注意
もちろん過剰に摂取は体に悪い影響が出る可能性があります。
記載されている摂取量を守り、服用しすぎないように注意しましょう。。

規則正しい生活習慣も大切

一番効果を発揮させるには規則正しい生活習慣にすることが大切です。
夜更かしや偏った食事をしていると十分に補えません。
整った生活習慣が組み合わさることで、うまく効果が発揮できるようになります

ヒアルロン酸を増やす食べ物

コンドロイチンサプリ選びで気を付けること

ヒアルロン酸は動物食でしたら鶏の軟骨、鶏手羽、鶏の皮、トサカ、豚足、鮭、カレイ、魚の目、フカヒレ、すっぽん、うなぎ、植物食でしたらもずく、めかぶ、納豆、オクラ、山芋に多く含まれています。


【動物性食品】【植物性食品】
  • 鶏の軟骨
  • 鶏手羽
  • 鶏の皮
  • トサカ
  • 豚足
  • カレイ
  • 魚の目
  • フカヒレ
  • すっぽん
  • うなぎ
  • もずく
  • めかぶ
  • 納豆
  • オクラ
  • 山芋

ヒアルロン酸はを効果的に摂取を行うためにはサプリメント

通常の食生活の中で効率的にヒアルロン酸を摂取するには上記が含まれている食事を行う習慣が大切になってきます。
ただ、吸収はあまり良くない成分ですから、ヒアルロン酸はを効果的に摂取を行うためにはサプリメントを併用したほうが良いでしょう。
ヒアルロン酸は美肌を考えた場合にはとても有効な成分ですが分子が大きく吸収が良くないのが難点でもあります。
仕事等が忙しく、日常の食生活が不規則になりがちでしたら、サプリメントを併用する形で摂取をしていったほうが良いでしょう。

意識して摂取

肌に気を遣い若返りを考えていくのでしたら、意識して摂取していく必要があります。
美肌効果だけでは無く、艷やかな肌を手に入れることで、メイクの感じも変わっていき、自分の肌に自信を持てるようになっていきます。
関節に潤いが与えられ動きもよくなり、、肌も綺麗なると、アクティブな性格に変わっていくものです。
日々の生活のなかで意識して摂取していくことで誰でも気楽に美肌効果を得ることが可能です。

続きを読む

ヒアルロン酸とは!?ヒアルロン酸の働き

保湿に効果的な成分として人気のヒアルロン酸ですが、もともとは人間の体の中に存在しているもので様々な働きを行っているのが特徴の成分になります。
関節の中には「関節液」「軟骨」があり、それがクッションのような働きをして、骨同士がぶつかることなく衝撃から守っています。

ヒアルロン酸とは

私たちの身体はヒアルロン酸が水分を保持しているため、柔軟に関節を動かすことができるのです。

様々な働きを持つヒアルロン酸

様々な働きを持つヒアルロン酸

ヒアルロン酸は皮膚や関節、目などに存在しており骨の中では関節液や軟骨の水分を保持する役割があります。
そしてヒアルロン酸は関節の動きをよくする潤滑作用やクッションのように衝撃を吸収する働きをしています。
皮膚の中では細胞同士を繋ぎ合わせる働きがあり、水分を抱え込んでいます。
肌の乾燥を防いでハリを与えています。

  • 関節の動きをよくする潤滑作用
  • クッションのように衝撃を吸収する
  • 皮膚の中で細胞同士を繋ぎ合わせる
  • 水分を抱え込む
  • 肌の乾燥を防いでハリを与える

ヒアルロン酸の保水効果

ヒアルロン酸 保水効果
ヒアルロン酸は美容と肌の健康に欠かせない成分です。
細胞と細胞との間に多く存在していて関節や皮膚の潤い保つ働きをしています。
特に体内の水分の保水力保持という役割があります
その保水効果によって、ヒアルロン酸は関節液や軟骨の水分を保持して、動きを滑らかにするという働きがあります。
ヒアルロン酸は、コラーゲン、エラスチンといった美肌成分の隙間にも存在していますので肌のハリを保ち、そのおかげで皮膚がカサカサせず潤いを維持できるのです。

ヒアルロン酸の成分

ヒアルロン酸との大切な成分を増やすためには、注射といった方法もありますが、体内の細胞の活性化を促すことで増やすことができます。
細胞の活性化を促す成分としてナイアシンがあります。
ビタミンB群に属していてビタミンB3ともいわれています。
体の新陳代謝に不可欠な成分です。
ビタミンB群は皮膚や粘膜に働きかけ健康維持に役立っています。

更年期障害の改善にも

ヒアルロン酸を体内で増やすことは更年期障害の改善にも繋がります。
女性ホルモンが徐々に体内から減少していくこの時期には、体内の水分の保水力保持という大切な成分が少なくなりますので、肌のハリが無くなり関節痛といった症状もあらわれてきます。
更年期になると他にも様々な症状が出てきますが、上手にサプリなどを用いたりして体内で増やすよう心がけることで、更年期障害の改善になり辛い時期を乗り越えることができます。
しかし症状がひどい場合は婦人科で受診することが大切です。

ヒアルロン酸の歴史

美容皮膚科などで美容施術に利用されているヒアルロン酸は元々人間の皮膚や関節の中に存在している成分で、在り副作用が少ない事から注目を集めています。

歴史は1934年から

グルコサミンとコンドロイチン

このヒアルロン酸の歴史は1934年から始まりました。
牛の眼球の硝子体から分離した成分であることから、眼球に関わる手術に利用される事が多く在りました。
その後、変形性膝関節症の治療薬や慢性関節リウマチにおける膝関節痛や、肩関節周囲炎などにも効果を持つなどが判明したことで幅広い用途で活用されるようになりました。
尚、ヒアルロン酸の語源は硝子体の「Hyaloid」およびウロン酸の「Uronic acid」の2つを組み合わせて「Hyaluronic acid」と命名されたと言われています。
1934年
牛の眼球の硝子体から分離
1942年
犬の関節の創傷治癒に有効であることが判明
1958年
網膜剥離の術後に硝子体置換術に有効ということが判明
1960年
オーストリアで眼球手術の際に利用される補助剤として発売
1970年
競走馬の外傷性関節炎
1974年
変形性膝関節症に有効、
1979年
アメリカおよびカナダで眼球手術時の補助剤として発売

ヒアルロン酸 働き

ヒアルロン酸の働き

美容成分としてよく聞くヒアルロン酸ですが、どのような成分かご存知ですか。
これはムコ多糖類という成分の一つで、性質としてネバネバとしたぬめりがあります。
そしてこの成分は我々の体内にも多く存在しており、様々な効果を与えています。

水分保持

まず、ヒアルロン酸の成分には水分を抱え込む性質があり、細胞と細胞の間に存在することで細胞間を埋め、弾力のある組織にする効果があります。
そして我々の人体の約7割は水分と言われています。
その水分を保持する機能の一つとして働いているのがヒアルロン酸の成分なのです。
そしてヒアルロン酸の成分が関節に存在するため、関節の動きを滑らかにすることができるのです。
また、ヒアルロン酸は肌に存在することで潤いのある肌にすることができるのです。

加齢による減少

加齢によるヒアルロン酸の減少

しかし、体内のヒアルロン酸は加齢とともに減少します。
そのため関節においては軟骨のクッション性が減少することで、動きにくく関節痛などを生じるようになるのです
関節痛緩和のためにサプリメントにヒアルロン酸が配合されている場合もあります。
また年を重ねると肌は乾燥しやすく肌トラブルを起こしやすくなるのもヒアルロン酸の減少が関係しています。
そのため、スキンケアに保湿成分として、ヒアルロン酸の成分が配合されているのです。
肌から浸透させることで肌に潤いを取り戻すことができるからです。

ヒアルロン酸は私たちの強い味方です

ヒアルロン酸 働き
今の日本は健康を保つためのサプリメントがたいへん流行っています。
人間には、本来病気やけがを自分自身で回復、復元させていくというホメオスタシスの機能を持っています。これは恒常性の維持という自然治癒力であり、人間だけでなく動物もすべてこの能力を持っています。

自己再生機能が衰える

しかし加齢とともに、自己再生機能の機能も低下していきます。
また膝などの関節も年とともに軟骨がすり減っていき、自己再生機能が衰えてきます。
ここでヒアルロン酸が注目されてくるわけです。
ヒアルロン酸の成分は、保水力に優れるとともに柔軟性や弾力性を合わせ持っています。
人間の体の中にも存在していますが、関節などの部分にもあり、関節の動きをよくしたり、衝撃から守る役割をしています。

鶏のトサカや豚足に含まれる

ヒアルロン酸は鶏のトサカや豚足に含まれる

ところが年を重ねるうちに、このヒアルロン酸が減少していき、お肌の艶が無くなったり、関節の中で潤滑油の働きが失われてしまいます。
その成分は食品からも摂取することができます。
特に鶏のトサカや豚足に多く含まれています。
しかし食品だけでは補うことは難しい状況です。
このような場合には、サプリメントで補っていきましょう。
そのほうが吸収率が良く、効率的に体内へ取り込まれるからです。
いろいろなものが出回っていますので、自分に合うものを探していきましょう。

続きを読む

▲ページトップに戻る