グルコサミン不足

グルコサミンとは?:グルコサミンが不足すると

CMでおなじみのグルコサミン

グルコサミンとは膝の痛みや関節痛などに効果が期待できる成分としてサプリメントのCMなどでも知られているのは
グルコサミンです。
硬い骨と硬い骨が接している関節がスムーズに動くのは、軟骨がクッションの役割を果たしているからです。
クッションのおかげで膝を曲げたり歩いたりする動作がスムーズになるのですが、グルコサミンはその骨の生成に影響している成分でもあります。
また、骨のすり減りや損傷を補修したり、骨を強化することもあります。

グルコサミンは年齢とともに減少する

グルコサミンが含まれている食物

グルコサミンが体内で作られる量は年齢とともに減少し、軟骨も次第にすり減って修復や再生が十分にできなくなるのです。
この状態により関節のクッションの役割が低下して、関節の動きが制限されたり、骨と骨が擦れ合って膝痛などを引き起こす要因になります。
骨のすり減りや変形などを予防するためには年齢を共に減少する物質は補うことが必要です。

グルコサミンが含まれている食物

肘の関節痛 予防と改善

グルコサミンを補う方法は、この成分が含まれる食材を食べることです。
エビ、カニなどの甲殻類の殻に多く含まれています。
それらを毎日食べることは難しいものです。
そのため、成分を補うためにはサプリメントを上手に利用することが効率的な方法です。
立ったり、座ったりする動作以外にもスポーツなどの趣味を楽しむためにも必要な成分が減少すると、関節をスムーズに動かせなくなり辛いものです。
年齢とともに減少する成分は関節の健康が気になりだした時から補うことが大切です。

グルコサミンの歴史

グルコサミンの歴史
最近グルコサミンが注目されています。
これには加齢などですり減った軟骨を再生してくれる働きがあります。
ではその歴史はどのようなものなのでしょうか。

1960年代のヨーロッパから始まった

もともと関節痛に効果があるとされていたのですが、1960年代にヨーロッパで研究され、効果の検証などが実施されてきました。
そのような意味から、ヨーロッパを中心とした国々で愛用されていたのですが、1990年代に入るとアメリカへも伝わりました。
ある医師が関節痛に効果が高いと紹介したことから人気が出てきました。

コンドロイチンサプリ選びで気を付けること

肥満大国アメリカは関節で悩んでいる人も多い

アメリカでは肥満が問題となっているのですが、体重が重いと足の関節にもかなりの負担がかかり、関節痛につながってしまうのです。
それは重い体によって軟骨が磨耗することが主な原因となっています。
これに対し、グルコサミンは軟骨を再生する機能を持っていますので、人気が出るのは当然と言えるでしょう。

日本では

その後、日本にもこれが伝わります。
日本は世界トップクラスの高齢化社会であるため、関節痛を患っている人たちが多く、これが注目を集めることになったものです。
このような歴史をもっているのですが、そのほかには保水成分を持つヒアルロン酸と同時に摂取することで、より高い相乗効果が期待できます。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

グルコサミンが不足すると

グルコサミンは軟骨を構成する部分に多く、とくに関節と関節の間の部分に多く存在しています。
細胞同士を結合させる結合組織の働きがあるのが特徴です。
関節の周りにある軟骨などや靱帯、腱、爪や皮膚と様々な部分をつくる成分として存在しています。

変形性関節炎

コンドロイチンサプリ選びで気を付けること

グルコサミンがが不足すると関節と関節をつなぐ軟骨が少しずつ減少してきて、関節炎などの激痛をひきおこしてしまいます。
その不足によっておきる代表的なものに、変形性関節炎という病気があります。
関節と関節の間の接着剤やクッションの役割があるため、相当数減ることで痛みをともないスムーズな動きができなくなってしまいます。

主な症状

  • 階段ののぼりおりの時の膝の痛み
  • 椅子から立ち上がる時の痛み
  • 進行すると歩くだけで激痛

主な症状に階段ののぼりおりの時の膝の痛み、椅子から立ち上がる時の痛み、さらにもっと進行すると歩くだけで関節に激痛が走ります。

グルコサミンは20代をピークに減少していく

グルコサミンはもともと体内で合成、生産できる成分ですが、20代をピークに徐々に減少していきます。
とくに40代をこすと減少率が著しく50代になると、ピークの20%ほどしか生産できなくなっています。
軟骨の主成分であるため関節痛などの改善には、サプリメントや食品からとり入れておぎなう必要があります。
同じようにムコ多糖類のコンドロイチンをいっしょにとると、効率的に効果があらわれられます。

続きを読む

▲ページトップに戻る