関節痛サプリメントランキング:関節痛・関節炎にはグルコサミン・コンドロイチン

関節痛サプリメント

本サイトは、関節痛にも良いとされる、グルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸の比較、効果・効能を紹介するとともに関節痛サプリメントをします。

年齢を重ねるにつれ、膝や肘、腰などの関節の痛みを生じるようになります。
それは関節痛・関節炎と言いますが、なぜ痛みを生じるようになるのでしょうか。

身体に役立つ成分や必要不可欠な成分は様々な種類があるとされていますが、それぞれの成分にはどんな特徴があり体の中でどんな風に役立つのか、それぞれの成分の特徴や効果などについて詳しく考えてみましょう。

軟骨の役割

人の関節の骨と骨の間には軟骨が存在しています。
これはクッションの役割をしており、骨にかかる負担を軽減し、滑らかに関節を動かす作用があります。

年齢とともに軟骨も減少する

しかし、人の体は老化によって衰えるように体内でも老化が起きて骨も弱ってくると同時に、軟骨も減少したり、それにより変形してしまいます。
するとその関節の周りの筋肉や組織への負担が大きくなり、炎症を起こしてしまうのです。
また、日常の動作で変形部分が神経を刺激してしまうために痛みが生じる場合もあります。

このように年齢と共に増える関節の痛みの原因は体内の関節の老化です。
今までクッションの役割をしていたものが、その役割を上手くできなくなったために関節が曲がりにくくなり、曲げると痛みを生じるようになるのです。

関節の老化は症状を緩和する治療

このような関節痛に対して医療機関では原因そのものを治すというよりも症状を緩和する対処療法を行います。
老化を止めることはできないからです。

ですからこのような対処療法も必要ですが、まずはその原因となる老化を抑制するため普段から食事や生活習慣に気をつけることも大切です。

関節炎に効果的な食品

いつまでも元気に過ごすために、食事から上手に補うコツについて調べてみました。

グルコサミンが多く含まれる食品

エビやカニなどの甲殻類。
甲殻類の殻の部分には、グルコサミンの原料でもあるキチンという物質がたっぷり含まれています。
きのこ、うなぎ、フカヒレ、牛や豚、鶏などの軟骨、干しエビなどにも含まれます。

コンドロイチンが多く含まれる食品

うなぎやフカヒレ、山芋、オクラ、ドジョウ、ヒラメ、カレイ、ナマコ、豚足、納豆、なめこ、里芋など。

グルコサミンとコンドロイチンは食品に含まれる含有量は少なく、十分な量を日常的な食事だけではしっかりと補うことは困難です。
食品は参考程度に覚えておいて、実際はサプリメントで効率よく摂取したした方が上手な方法という結論に達しました。

関節痛サプリメント:グルコサミン

私たちの体には骨の先端に軟骨があることで体をスムーズに動かすことが出来るとされていますが、グルコサミンはこの骨と骨との間のクッションの役割をする軟骨に存在し、軟骨の生成を促進する効果のある成分とされています。

グルコサミンは軟骨を構成するプロテオグリカンの原料の一つであり、軟骨の損傷を修復したり軟骨芽細胞を刺激することで軟骨を健康に保つのをサポートしてくれる成分です。

関節痛グルコサミンは立ったり座ったりする際に膝に、痛みや違和感を感じるという方、そして階段の上り下りが億劫と感じる方におすすめの成分です。
年齢を重ねると膝に痛みや、違和感を感じても仕方がないとあきらめがちです。
これらは膝部分の関節にある、軟骨に問題が起こっている為に症状が出る関節痛の特徴です。
年齢が高くなるとと関節痛をカバーして支える筋力も衰えてきます。

  • 立ったり座ったりする際に膝に、痛みや違和感を感じる方
  • 階段の上り下りが億劫と感じる方
  • いつまでも元気に行動したい方
  • スポーツをやめても関節の痛みが治まらない方

関節痛

関節を動かすと軟骨がダメージを負い、すり減ってしまう事があります。
若い時はスムーズに軟骨が修復されるので、すぐに関節のクッション性が戻り関節痛を起こすという事もほとんどありません。
ですが、年齢を重ねるごとに軟骨の修復する機能が衰えてしまいます。
軟骨がすり減ったままの状態となるので、関節を動かした時に骨と骨がぶつかり合い、曲げる動作で痛みなどの症状を感じるようになるのです。

グルコサミンを意識して補う

関節痛になってしまうと動作に限りができ、歩く事が億劫になり、体力の低下に繋がります。
イキイキとした毎日を送る為にも、関節の健康を守る事、「予防」が大切なのです。
グルコサミンは軟骨の修復や再生を促す成分と言われています。
意識して補う事によって、すり減った軟骨にクッション性が戻り関節痛の緩和・改善に効果が期待出来ます。
また、この成分は軟骨に水分をキープする働きもあるので、動かしにくかった関節をスムーズに動かせるようになります。

関節痛サプリメント比較

グルコンEX錠プラス

グルコサミン EX 錠プラスは効能効果の承認された医薬品
ひざ・腰・肩などの関節痛や神経痛を緩和するお薬は、日本薬師堂の「グルコンEX錠プラス」
グルコンEX錠プラス
公式サイトはこちら

ヒアルロン酸とグルコサミンサプリメント

年齢を忘れるほど活動的になりたい!”潤滑成分”と”軟骨成分”をバランスよく配合
キューピーのヒアルロン酸とグルコサミンサプリメント
ヒアルロン酸とグルコサミンサプリメント
公式サイトはこちら

N-アセチルグルコサミン

UMIウェルネスの「天然型N-アセチルグルコサミン」をご存知ですか?
ご愛用者は8万人を突破し、多くの方から喜ばれています。
“天然型で体内利用率UP”甘くて美味しい!、一日一粒でお手軽!
N-アセチルグルコサミン
公式サイトはこちら

膝の痛み・関節痛サプリメントランキング

関節痛サプリメント:コンドロイチン

コンドロイチンこんな方におすすめ!
グルコサミンと同じように思われていることが多いですが実は少し違う成分であり、軟骨を生成する成分の一つではあるのですがコンドロイチンはグルコサミンから生成され、軟骨に限らず皮膚や粘膜、内臓などの様々な体の部分に存在しています。

【役割】
コンドロイチンは軟骨に水分を運んで保湿したり老廃物を排出する役割を担っており軟骨を維持するのに欠かせない成分とされています。

コンドロイチンこんな方におすすめ!

  • 日ごろ身体を動かしたい方
  • 登山や旅行を楽しみたい方
  • 散歩やスポーツがお好きな方
  • 毎日を元気に過ごしたい方

年齢と共に関節の痛みを生じるようになる方は多くいます。
そんな関節痛の原因は軟骨の減少です。

軟骨の役割

軟骨とは骨と骨の間に存在し、いわゆるクッションの役割をしています。
ただ骨と骨がそのまま接触すると動きがギクシャクするとともに両方に負荷がかかるため動きづらくなってしまいます。
しかし、軟骨があるおかけで動きを滑らかにし、骨にかかる負担を軽減することができるのです。

軟骨の弾力になるコンドロイチン

そしてこの軟骨に含まれる成分の一つがコンドロイチンです。
この成分には優れた保水性があり、この成分が軟骨の弾力となっているのです。

コンドロイチンは年齢とともに減少する

コンドロイチンとは

しかし、この成分は年齢とともに減少します。
すると軟骨は弾力を失い、クッションとしての役割を上手く果たせなくなるのです。
すると関節を動かすと骨とその周りの筋肉などに負担がかかりやすくなり、炎症を起こして関節が痛くなってしまうのです。
つまり関節痛の原因のひとつは軟骨成分の減少です。

コンドロイチンは関節の痛みで悩んでいる方におすすめ

そのためコンドロイチンは関節の痛みで悩んでいる方におすすめです。
コンドロイチンを摂取することにより体内の軟骨成分の減少を抑制します。
また、軟骨の弾力を補うことができるので痛みの症状を緩和する効果があるのです。
関節の動きが悪くなってきたという方や動かすたびに痛みを生じる方におすすめの成分です。

関節痛サプリメント:ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は化粧品などに含まれる成分として有名ですが、実は体内の際座間な部分の水分を保持したり細胞を修復する作用があり軟骨にも含まれておりグルコサミンやコンドロイチンとともに軟骨をサポートする成分とされています。

水分保持の役割だけに限らず、関節駅や軟骨の中で管轄油やクッションのような役割も担っており硝子体と呼ばれる目の成分に含まれ目を丸く保つ作用もあるなど様々な働きを担っている成分です。

この後は関節痛に効果的なサプリメントについて考えてみましょう。

現在関節痛に悩んでいる人には必見ですのでこの機会にしっかりと把握しておくことをおすすめします。

ヒアルロン酸 おすすめ!関節が曲げにくいと困っていませんか。
年齢と共に痛みが改善されないと悩むことが多くなったと困っているなら
ヒアルロン酸を利用してみましょう。

  • 関節の痛みがなかなか改善されない方
  • 関節が曲げにくいと感じる方
  • 快適な毎日を手に入れたい方
  • 関節の痛みで外出が億劫になってる方

ヒアルロン酸で関節の動き快適に

手軽に痛みを取り除くことができて関節の動きを良くしてくれて活動しやすくなります。
だから痛いと悩んだりすることがなくなり、自宅で安静にする必要もありません。
日常生活の支障をなくしてくれる効果をヒアルロン酸は発揮してくれるので、快適に過ごせるようになって笑顔になれます。
生活の質を向上させて快適に過ごしたいなら今すぐに取り入れるべきです。

オイルのような潤滑機能

オイルのような潤滑機能があるので、動かしくいと不便に感じることがなくなります。
痛みも取り除いてくれるので出かけることも楽しみになって世界が広がります。
だから年齢のせいだから関節の痛みは仕方ないもので、動きも制限されてしまうのは当たり前だと感じていてはいけません。

あらゆることに積極的にチャレンジ

「長年生きているとあちこち痛いわよ」以前、母がこぼしていました。
果たしてそうなのでしょうか。痛いから動かない、適度な運動をしなくなると筋力が弱くなる悪循環に陥ります。
関節痛でお悩みの多くの方は似たような経験をお持ちではないでしょうか。

無理の治療方法を取り入れれば痛みを我慢することがなくなって、あらゆることに積極的にチャレンジができるようになります。
苦痛を苦痛のままにし、何もしないのは残念なことです。
不可能と思っていたことが可能になる、苦痛と思っていたことが徐々に消えていくのは幸せな気分です。

積極的にグルコサミンやコンドロイチンを補いましょう。
家の中に閉じこもってばかりでなく有効的な治療を取り入れて、いつでも快適に過ごせるようにしてもらいましょう。
気分も良くなると世界が広がって明るく過ごせます。

法事で正座ができずにいたら同様に膝痛の親戚が教えてくれた

タマゴサミン

わたしは、加齢のせいで膝の関節痛に悩まされてきました。
ああ、自分も「お年寄り」と呼ばれる歳になったんだろうなとがっかりしておりました。
数年前までは趣味の山登りも楽しんでいたのに、今では法事の際も正座ができないほどに強い痛みを感じるようになりました。

そんな時に、同じ悩みを抱えていた親戚からタマゴサミンのサプリがいいと勧めてもらいました。
タマゴサミンには、膝の関節の 保水性を高めるコンドロイチン、クッション効果のあるヒアルロン酸の産出を促すiHA(アイハ)という成分が含まれているとのことです。

そのため、継続して飲めば段々と症状が改善するとアドバイスされました。
実際、試すとだんだんと痛みが治まり、坂道の歩行や階段の上り下りもスムーズにできるようになり、びっくりしました。
このまま継続して山登り再開まで頑張ろうと思っています。

無理な体制を続けていたら突然痛みが!これって四十肩(五十肩)?

N-アセチルグルコサミン

仕事で一日中座ってパソコン画面を見て作業をしていて、楽だからとけっこうだらしのない姿勢で仕事をしているので身体に良くないなとは自分でも思っていました。
けれども朝起きたらいきなり痛くて方が上がらなくなるような四十肩(五十肩)になるとは思ってもいませんでした。

体験者の父曰く「病院に入ってもシップくらいしか出さないよ」と、いわれ、どうしようかと思っていたときに、N-アセチルグルコサミンがいいといわれてサプリメントを購入してみました。

夜も眠れない痛みがあったのですがだんだん良くなってきて、今は痛みというより腕の起動範囲が狭まる慢性期状態です。
父の話を聞くと、私の場合はN-アセチルグルコサミンを飲んでいるおかげで回復が早いみたいです。
そろそろストレッチなど運動を開始する時期です。このままなんとか早く治ればと思っています。

DYIで天井の壁紙貼りをしたら、翌日ベッドからでられませんでした

グルコンEX錠プラス

DYIで天井の壁紙貼りをしたら、翌日首痛でベッドからでられなくなり困ってしまいました。
このままでは大変なことになると思い友人に連絡をしたら、グルコンEX錠プラスを購入して家に来てくれました。

ただ即効性はないというがだんだん良くなるので服用して暫く休むように言われました。
しかし私は即効ですぐ効いたので本当に助かりました。
人によって効く速さが変わるのかもしれませんね。
 
何れにしても直ぐに首痛が治り普段通り生活することができたので、グルコンEX錠プラスを服用して本当に良かったです。

節々関節の痛み

タマゴサミン

40歳を過ぎたことから、なんとなく身体が不調というか、すっきりとしないという微妙な感じになることが多くなりました。
更年期はホルモンバランスが変化して、いわゆる身体の老化、人によってさまざまな現象が起こるようです。
私の場合はほてりに加えて、節々の痛みが来ました。

だからといって病院に行くほどではない不調なので、とりあえず自力で改善してみようと思って、いろいろあるサプリメントの中から栄養分が豊富に含まれていて節々の痛みの改善にもよさそうなタマゴサミンを選んでみました。

飲むようになってから疲れが翌日に残らないようになった気がします。

変形性膝関節症の症状とサプリメント

変形性膝関節症は、年齢が増していくにつれて増加しますが、特に60歳以上になると患者数は多くなります。
最初は膝が軽く痛んだり腫れるといった自覚症状が見られます。
続きはこちら

飲んでも効かないサプリ一覧が話題?

英国医師会誌『BMJ』で
「グルコサミン、コンドロイチンが関節や股関節の痛みに効くという明確な結果は得られなかった」
という研究報告が掲載されたという。
これによって、グルコサミン、コンドロイチンと関節痛の関係に暗雲が垂れ込みまあした。

サプリメントに限らず、医者が処方する薬のおいても効果がないものを渡すことがあるという。
人間は薬だと思って飲むとそれで効いてしまう部分があるからというのが所以。
だという。

▲ページトップに戻る