ぎっくり腰・椎間板ヘルニアなど腰の関節痛 予防と改善。

腰の関節痛 症状

腰の関節痛 症状

 

 

腰の痛みには様々な症状があり、その痛みの場所や痛みの強さ、足のしびれが出る場合などによって原因は様々です。
最も多いのはぎっくり腰で、何かの拍子に力が入ってしまい、筋肉が炎症を起こすというものです。

 

 

ぎっくり腰

 

病院で検査をしてみても椎間板や神経に異常がない場合、ほとんどがぎっくり腰と診断され、安静にしていることが一番の治療法です。

 

 

 

椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアの場合はしびれを伴うことが多く、関節痛だけでなく手や足のしびれ、麻痺などが自覚しやすい症状です。

 

椎間板ヘルニアは神経が圧迫されてしまうため激痛が起きやすいことが多く、歩くことも難しくなるほど悪化することもあるので、関節痛を感じる時は早めに病院で検査をしてもらうことをおすすめします。

 

 

日常で気をつける工夫

 

腰の関節痛 症状

腰痛は人間の宿命とも呼ばれていて、生きている間に痛みを感じない人間はほとんどいないというほど、付き合って行くことが必要な痛みです。

長時間同じ姿勢でいることや負担をかけすぎないように、普段から気をつけていれば予防や改善にも繋がります。

 

立ち上がる時は膝を使い、ゆっくり立ち上がるように心がけるなど、日常で少し気をつけるだけでも予防効果はあります。
おかしいと感じたら症状に応じて早めに検査をしてもらい、治療を行っていくことで緩和出来ることもあるので、無理は禁物です。


腰の関節痛 予防と改善

腰の関節痛 予防と改善

 

腰痛を抱えている人は多くいます。
その中でも腰椎分離すべり症という症状で関節痛を引き起こしている人の割合が多いのです。

 

 

先天性の原因、後天性の原因

 

その原因とは、先天性のものもありますが、後天性のものがほとんどでスポーツなど負担のかかる動作、事故などでの外傷、あとは加齢による筋肉の低下などがほとんどです。
いずれも腰に何らかの負荷がかかってしまっているのです。

 

 

姿勢を見直しましょう

 

要するに正しくない姿勢をしていることであらゆる問題が起きます。
日頃から正しい姿勢を保つことにより負担を減らせます。
姿勢を保つには腹筋と背筋が必要なので、自然と筋力もつき痛みの改善と共に予防効果が期待できます。

 

コルセットを補助的に

 

最初はなかなか難しい場合があるので、そうのような場合はコルセットを補助的に使用するのも良いでしょう。コルセットも正しい姿勢へと導いてくれるものなです。
立ち仕事でも座っている時でも同じ姿勢を余儀なくされる時などには負担を軽くしてくれます。

 

 

ストレッチも効果的

 

もう一つ効果的なのが、お風呂上がりなどのストレッチです。
痛みを伴っている周辺の筋肉は大抵硬くなっています。
ですからゆっくりと呼吸をしながらストレッチを行うことで、筋肉が緩みハリや凝りの改善ができるので痛みも和らぐかもしれません。
また、常に体の柔軟性を保つことは、今後の予防にも大変有効です。