ヒアルロン酸は骨の中では関節液や軟骨の水分を保持する役割があります

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とは

 

保湿に効果的な成分として人気のヒアルロン酸ですが、もともとは人間の体の中に存在しているもので様々な働きを行っているのが特徴の成分になります。
関節の中には「関節液」「軟骨」があり、それがクッションのような働きをして、骨同士がぶつかることなく衝撃から守っています。
私たちの身体はヒアルロン酸が水分を保持しているため、柔軟に関節を動かすことができるのです。

 

様々な働きを持つヒアルロン酸

 

様々な働きを持つヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は皮膚や関節、目などに存在しており骨の中では関節液や軟骨の水分を保持する役割があります。
そしてヒアルロン酸は関節の動きをよくする潤滑作用やクッションのように衝撃を吸収する働きをしています。
皮膚の中では細胞同士を繋ぎ合わせる働きがあり、水分を抱え込んでいます。
肌の乾燥を防いでハリを与えています。

 

  • 関節の動きをよくする潤滑作用
  • クッションのように衝撃を吸収する
  • 皮膚の中で細胞同士を繋ぎ合わせる
  • 水分を抱え込む
  • 肌の乾燥を防いでハリを与える

ヒアルロン酸の保水効果

ヒアルロン酸の保水効果

 

ヒアルロン酸は美容と肌の健康に欠かせない成分です。
細胞と細胞との間に多く存在していて関節や皮膚の潤い保つ働きをしています。
特に体内の水分の保水力保持という役割があります

 

その保水効果によって、ヒアルロン酸は関節液や軟骨の水分を保持して、動きを滑らかにするという働きがあります。
ヒアルロン酸は、コラーゲン、エラスチンといった美肌成分の隙間にも存在していますので肌のハリを保ち、そのおかげで皮膚がカサカサせず潤いを維持できるのです。

 

 

ヒアルロン酸の成分

 

ヒアルロン酸との大切な成分を増やすためには、注射といった方法もありますが、体内の細胞の活性化を促すことで増やすことができます。
細胞の活性化を促す成分としてナイアシンがあります。
ビタミンB群に属していてビタミンB3ともいわれています。
体の新陳代謝に不可欠な成分です。
ビタミンB群は皮膚や粘膜に働きかけ健康維持に役立っています。

 

 

更年期障害の改善にもヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸を体内で増やすことは更年期障害の改善にも繋がります。
女性ホルモンが徐々に体内から減少していくこの時期には、体内の水分の保水力保持という大切な成分が少なくなりますので、肌のハリが無くなり関節痛といった症状もあらわれてきます。

 

更年期になると他にも様々な症状が出てきますが、上手にサプリなどを用いたりして体内で増やすよう心がけることで、更年期障害の改善になり辛い時期を乗り越えることができます。
しかし症状がひどい場合は婦人科で受診することが大切です。


ヒアルロン酸の歴史

 

美容皮膚科などで美容施術に利用されているヒアルロン酸は元々人間の皮膚や関節の中に存在している成分で、在り副作用が少ない事から注目を集めています。

 

ヒアルロン酸の歴史は1934年から

 

グルコサミンとコンドロイチン

このヒアルロン酸の歴史は1934年から始まりました。

牛の眼球の硝子体から分離した成分であることから、眼球に関わる手術に利用される事が多く在りました。
その後、変形性膝関節症の治療薬や慢性関節リウマチにおける膝関節痛や、肩関節周囲炎などにも効果を持つなどが判明したことで幅広い用途で活用されるようになりました。
尚、ヒアルロン酸の語源は硝子体の「Hyaloid」およびウロン酸の「Uronic acid」の2つを組み合わせて「Hyaluronic acid」と命名されたと言われています。

 

 

1934年
牛の眼球の硝子体から分離

 

1942年
犬の関節の創傷治癒に有効であることが判明

 

1958年
網膜剥離の術後に硝子体置換術に有効ということが判明

 

1960年
オーストリアで眼球手術の際に利用される補助剤として発売

 

1970年
競走馬の外傷性関節炎

 

1974年
変形性膝関節症に有効、

 

1979年
アメリカおよびカナダで眼球手術時の補助剤として発売