股の関節痛は予防が肝心

股の関節痛 症状

股の関節痛 症状

 

股の関節痛は関節周辺の様々な筋肉が複雑に絡み合って、深い部分の筋肉が硬くなってしまうことでおこります。
硬くなった筋肉をストレッチなどの運動で刺激して筋肉の柔軟性を養うことで、改善ができます。

 

 

股の関節痛は予防が肝心

 

股関節は一度おこしてしまうと繰り返しやすく悪化しやすい場所でもあるため、予防が肝心です。
若い方でもストレッチで関節を柔らかくして可動域を広げることが予防対策になります。
しかし炎症を起こしているときはは血流が患部に集中している状態、身体を動かすことでさらに悪化してしまうためよくありません。

 

 

股関節の痛みは放置しないこと

 

股関節の痛みは身体の歪みだけでなく、関節の病気や骨の異常、または他の場所の病気や障害が原因になることもあります。
変形性股関節症、関節リウマチ、関節炎などの病気もあるため放置しておくと、日常生活に支障がでてしまいます。


股の関節痛 予防と改善

 

股の関節痛は病院でしっかり検査

 

股の関節痛 症状

病院でしっかり検査を受けてそれぞれの症状にあった運動療法を受けましょう。

痛みの緩和、関節や神経の機能回復など周辺筋肉を強化。
股関節にかかる負担を軽くして骨の変形の進行も改善されます。

 

 

股関節への負担を軽くする工夫も大切

 

歩いたり、水中ストレッチなど身体を動かすことで筋肉強化が骨折予防、寝たきり予防にもなります。
また栄養管理をおこなって、標準体重のキープを心がけること。
関節への負担を軽くするため予防効果があります。