グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸との相乗効果

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸との相乗効果

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸との相乗効果

 

グルコサミンとコンドロイチンとヒアルロン酸、どれも軟骨に対してよりスムーズな動きをサポートする働きがあるといわれています。
グルコサミンを単体で摂取するよりも、コンドロイチンやヒアルロン酸を合わせて摂取する事で、相乗効果によってさらによい働きかけが期待できるとされております。
サプリメントなどでもグルコサミンとコンドロイチンやヒアルロン酸のどちらか、あるいは両方を配合したものをよく見かけます。

 

グルコサミンはコンドロイチンやヒアルロン酸も生成している

 

グルコサミンは軟骨の再生や修復をするのと同時に、コンドロイチンやヒアルロン酸も生成しています。
ところがコンドロイチンの生成には時間がかかる欠点があります。
コンドロイチンが十分に補充されないで再生・修復された軟骨は、再び傷つきやすく、弱い性質の軟骨になってしまうのです。

 

それぞれの働きをサポートしより良い形での相乗効果が

 

グルコサミンとコンドロイチン、双方を同時に摂取することができれば、グルコサミンのコンドロイチン生成をサポートできます。グルコサミンとコンドロイチンは、それぞれの働きをサポートしより良い形での相乗効果があるといわれています。
グルコサミンが軟骨の再生と修復をし、コンドロイチンは軟骨の保湿と栄養を与えて、軟骨の再生と修復をサポートします。

 

コンドロイチンには、コラーゲンの生成をサポートする役割があります。
グルコサミンが体内でコンドロイチンを作り出し、コンドロイチンがコラーゲンの生成を促して軟骨を元気にしています。

 

 

グルコサミンが不足するとヒアルロン酸も不足

 

ヒアルロン酸はグルコサミンから作られるため、グルコサミンが不足すると同時にヒアルロン酸も不足してしまいます。
身体のうるおい、肌や軟骨の水分がなくなってしまいます。
せっかくグルコサミンによって軟骨の再生がうまくいっても、ヒアルロン酸がないと弾力のない軟骨になってしまいます。

 

グルコサミン、ヒアルロン酸、ヒアルロン酸を同時に摂取できれば、軟骨の生成がスムーズにいくのです。
そして同時摂取を実現するのはやはりサプリメントが理想的ということになります。


グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸それぞれの特性

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸との相乗効果

 

グルコサミン

 

  • 軟骨成分
  • すり減った軟骨を修復

 

軟骨成分であるグルコサミンは軟骨成分でサプリメントで摂ると便利です。
毎日必要量を補うことですり減ってしまった軟骨を増やすことができます。
体内に摂取した軟骨成分はすぐに痛い関節に行くことができません。
体内で満たされることによって少しずつ改善していきます。

 

コンドイチン

 

  • 軟骨の弾力性を高める役割
  • コラーゲンの生成をサポート

 

コンドロイチンには老化を防ぐ効果があります。
関節に良いとして知られていますが、軟骨や皮膚、粘膜に含まれグルコサミンから生成されます。
コンドロイチンは、軟骨に水分を与え、その軟骨は水分を保つことで弾力性を高めています。
残念ながらグルコサミン同様、加齢とともに体内で生成される量が少なくなっていきます。

 

ヒアルロン酸

 

  • 関節の潤滑剤
  • 痛みを軽減す

 

その間つらい思いを少なくするためには関節痛の改善に役立つヒアルロン酸があります。
これは関節の潤滑剤のような働きをします。
腰やひざに痛みがある人はすり減った軟骨を修復するグルコサミンと、痛みを軽減するヒアルロン酸の相乗効果があれば早く楽になることができます。

 

 

若い時より背が低くなる理由

 

年齢とともに体内にある軟骨成分が少なくなります。
若い時より背が低くなるのは背骨などの軟骨成分がなくなりその分縮まってしまうのが原因です。
逆に言えば軟骨成分をしっかりと補っていれば身長が低くなることないのです。