グルコサミンがが不足すると関節炎などの激痛をひきおこしてしまう

グルコサミンが不足すると

 

グルコサミンは軟骨を構成する部分に多く、とくに関節と関節の間の部分に多く存在しています。
細胞同士を結合させる結合組織の働きがあるのが特徴です。
関節の周りにある軟骨などや靱帯、腱、爪や皮膚と様々な部分をつくる成分として存在しています。

 

 

変形性関節炎

 

コンドロイチンサプリ選びで気を付けること

 

グルコサミンがが不足すると関節と関節をつなぐ軟骨が少しずつ減少してきて、関節炎などの激痛をひきおこしてしまいます。
その不足によっておきる代表的なものに、変形性関節炎という病気があります。
関節と関節の間の接着剤やクッションの役割があるため、相当数減ることで痛みをともないスムーズな動きができなくなってしまいます。

 

 

主な症状

 

  • 階段ののぼりおりの時の膝の痛み
  • 椅子から立ち上がる時の痛み
  • 進行すると歩くだけで激痛

 

主な症状に階段ののぼりおりの時の膝の痛み、椅子から立ち上がる時の痛み、さらにもっと進行すると歩くだけで関節に激痛が走ります。

 

グルコサミンは20代をピークに減少していく

 

グルコサミンはもともと体内で合成、生産できる成分ですが、20代をピークに徐々に減少していきます。
とくに40代をこすと減少率が著しく50代になると、ピークの20%ほどしか生産できなくなっています。

 

軟骨の主成分であるため関節痛などの改善には、サプリメントや食品からとり入れておぎなう必要があります。
同じようにムコ多糖類のコンドロイチンをいっしょにとると、効率的に効果があらわれられます。