関節の健康のサポートをしているグルコサミン

グルコサミンの特徴

グルコサミンの特徴

 

関節部分の軟骨のすり減りや損傷を修復したり強化したりと、健康のサポートをしているものがグルコサミンです。
ブドウ糖とアミノ酸が結びついたアミノ糖という物質の一つで、軟骨を構成するプロテオグリカンという大切な成分の原料になっています。

 

  • 細胞と細胞をつなぎ合わせる
  • 新陳代謝を活性化させる
  • 炎症を鎮める抗炎症作用
  • 関節の動きをスムーズにする
  • ドロドロの血液をさらさらにする
  • 血行を促進する
  • 血栓予防
  • 動脈硬化予防

 

 

関節の動きをスムーズにするグルコサミン

 

グルコサミンの特徴は細胞と細胞をつなぎ合わせる役わりがあって、新陳代謝を活性化するだけでなく関節の動きをスムーズにする働きがあります。
肘や膝などをスムーズに曲げ伸ばしができる重要な成分ですが、加齢とともに体内での生成能力がおとろえてしまう成分でもあります。
加齢だけでなく運動不足、肥満によっても生成能力がおとろえてしまうため、50代を過ぎると膝に痛みをもつ人がふえてきます。
最近は若い世代でも食生活などの乱れによってこの成分不足から新陳代謝がおとろえ、肘、足首などに障害をもつ人が出始めています。

 

炎症を鎮める抗炎症作用

 

更にもう一つの特徴は骨の修復だけでなく痛みがでてしまった場合は、根本的な原因の炎症を鎮める抗炎症作用があることです。この抗炎症作用で膝などの痛みの緩和に、かかせない成分です。
さらにドロドロの血液をさらさらにする効果血行を促進する効果などが血栓予防動脈硬化などにも効果があり、様々な分野から期待されています。


グルコサミンの効果効能

グルコサミンの効果効能

 

グルコサミンは、関節痛を改善する効果があります。
関節痛は、軟骨がすり減ることで関節の骨同士がぶつかるためにおきます。
そのため、関節痛を治すには軟骨の機能を向上さえる必要があります。

 

 

グルコサミンには軟骨の主成分を作る働きがある

 

  • 軟骨を修復して再生
  • 軟骨の強度を高め柔軟性を高める
  • 細胞の炎症を抑えたり、血小板が固まるのを抑える

 

グルコサミンには軟骨の主成分であるプロテオグリカンを作る働きがあり、軟骨を修復して再生できるため、関節痛を改善できるのです。
ほかにも、グルコサミンには軟骨の強度を高め柔軟性を高める働きがあります。
軟骨芽細胞という骨を作る細胞を刺激し、軟骨の生成を促進して、関節のスムーズな動きを高めるからです。
また、細胞の炎症を抑えたり、血小板が固まるのを抑える効果があります。

 

グルコサミンとコンドロイチンは一緒に摂取しましょう

 

グルコサミンは加齢とともに減少してしまうのですが、積極的に摂取することで改善できます。
そのときは、コンドロイチンも一緒に摂りましょう。
コンドロイチンは、軟骨の構成物質であるプロテオグリカンの成分の一つです。
水分を維持し弾力を与えたり、軟骨の破壊を抑制したりする働きがあります。
一緒に取ることで効率よく軟骨を保護し再生できます。

 

 

グルコサミン&コンドロイチンのサプリ

 

摂取の方法ですが、グルコサミン&コンドロイチンのサプリがいいでしょう。
もともと、カニやエビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質に含まれているのですが、食べても吸収できないのです。ですから、体内で吸収しやすいように抽出されたサプリで補給するのがいいでしょう。