関節痛は遺伝的要因も考えられ、日常生活動作など様々な原因が考えられます。

関節痛の原因となるもの

関節痛の原因となるもの

 

近年高齢者は、筋肉も弱ってきて老化と共に、膝の痛みを訴える人が増えています。
外出したいけど関節痛が酷くて、歩くのが辛いという人も少なくありません。

 

 

原因:変形性膝関節症

 

中高年が抱える膝の痛みの多くは、変形性膝関節症です。
変形性膝関節症は、骨の表面を覆っている軟骨が、擦り減っていく病気です。
原因は定かではなく、加齢による関節軟骨の老化、肥満、筋力の低下などが挙げられます。

 

 

原因:遺伝や日常生活動作など

 

遺伝的要因も考えられ、日常生活動作など様々な原因が考えられます。

 

 

原因:骨や軟骨を破壊する酵素

 

最近関節液中に、骨や軟骨を破壊する酵素が発見され、これが原因という説もあります。

 

 

関節痛になる年齢・性別

 

40歳代から徐々に増える傾向にあり、男性よりも女性に多いです。
症状は、立ち上がるときや、歩き始めに痛みがあり、しだいに痛みが強くなって歩行困難になります。

 

 

 

関節内に関節液がたまる事も

 

関節内に関節液がたまる事もあり、このような症状が進行すると、膝に体重がかかるようになります。
それに伴い、O脚になってしまうこともあります。
治療方法は、薬物療法や温熱療法、運動療法等があります。

 

高齢化社会を迎えて、この症状にかかる人の数も、増加の一途をたどっているのが現実です。
これからの余生を元気に過ごせるように、筋肉を鍛える運動も予防として必要不可欠です。

 

 

 

 


体重増加による関節の痛み

体重増加による関節の痛み

 

近年、高齢化が進んでいます。
健康で年齢を重ねていけばこれほど良いことはないです。
しかし年齢と共に筋肉の衰えが目立ち、そのために消化した食べ物が脂肪となって体内に溜まることが多くなります。

 

いわゆる肥満体形になってしまいがちになります。
このように体重が増加しますと、脚や膝にかかる体重が増えてきます。

 

 

膝のためにも適正体重を心がけましょう

 

この体重の増加が膝の関節部分にかかる負荷を増やします。
肥満による体重の増加が膝の関節痛の原因ともなります。
このようにならないためには食事の制限や運動をすることによるダイエットが求められます。

 

 

適度に無理のない運動を習慣的に行いましょう

 

ダイエットの方法は様々ありますが、適度に無理のない運動を習慣的に行うことが大切です。
膝関節の痛みをやわらげる意味からも運動によるダイエットは欠かすことが出来ないです。

 

どうしても現代社会で生活している方は運動不足になりがちですが、このことから起きる運動しないの悪循環から肥満の進行、膝関節の痛みの発生につながります。
膝関節の負担を軽減させる意味からも適度な運動と食事の摂取方法の改善によるダイエットが推奨されます。

 

 

運動とともに膝関節の痛みを取り除くサプリメントが効果的

 

他の方法としましては膝関節の痛みを取り除くサプリメントも開発されていますので、運動をされることと共に用いることがおおいなる効果が期待できます。