膝や肘など、体の様々な部位の関節に痛みを引き起こす関節痛は関節を動かすことで痛みを感じたり、何もしなくても痛みを感じたり等、その症状も様々です。

関節痛の仕組み

 

関節痛の仕組み

膝や肘など、体の様々な部位の関節に痛みを引き起こす関節痛は関節を動かすことで痛みを感じたり、何もしなくても痛みを感じたり等、その症状も様々です。

 

 

変形性膝関節症

 

関節痛を引き起こす病気の中で最も多いのが「変形性膝関節症」です。
変形性膝関節症は、老化が原因で通常、骨と骨の間のクッションの役割をしている軟骨がすり減ることで関節同士がぶつかり合うことで炎症を起こし、痛みを感じるようになります。

 

 

最も多い膝関節

 

痛みは肘や股関節など様々な部位にあらわれますが、最も多いのが膝関節です。
発症して最初のうちは長時間歩いた後や運動をした後に痛みを感じますが、症状が悪化してくると立つ・座るの動作や短時間歩くだけでも痛みを感じるようになるため、日常生活に支障をきたすようになります。

 

 

予防

 

ですが、変形性膝関節症やスポーツ時の関節障害は予防をすることができます。

 

 

スポーツをする前にはストレッチを入念に

 

まず、スポーツをする前にはストレッチを入念におこなって十分に体をほぐすことが重要になります。

 

 

太りすぎない

 

また、膝関節を痛める原因のひとつに「肥満」が挙げられます。
加齢と共に代謝が悪くなり、どうしても太りやすくなってしまいます。

 

 

バランスの良い食生活

 

なので普段からバランスの良い食生活を心掛け、適度な運動をすることで肥満と膝の膝関節痛を予防することができます。