コンドロイチンが不足すると関節の動きが悪くなってしまうので痛みが生じます。

コンドロイチンが不足すると

コンドロイチンが不足すると

 

コンドロイチンが不足すると関節の動きが悪くなる

 

人間の身体はスムーズに動いていると思えますがその皮膚の下には骨があります。
スムーズな人間の動きを実現するために、骨は全て繋がっているのではなく、各パーツに分かれているものが連動して動いています。
骨と骨を繋いでスムーズに身体が動くようにしてくれているのが関節です。
コンドロイチンの不足は関節の動きに大きくかかわっており、不足することで関節の動きが悪くなります。

 

 

関節痛のしくみ

 

関節痛のしくみ

 

コンドロイチンは関節の潤滑剤の役割をしているため、潤滑剤がなくなるとドアの蝶番がさび付いて動きが悪くなるように関節の動きが悪くなってしまうので痛みが生じてしまいます。
これが関節痛と言われているものです。

 

 

コンドロイチンの臨床試験

 

体内でも生成されている成分ではありますが、年齢を重ねるとその生成量が減ってしまうので膝やひじなどの関節に痛みが生じてしまうのです。
大規模な臨床試験も行われており、コンドロイチンを服用した人には関節の痛みの軽減したり、服用していない人に比べて歩行のスピードが上がったといいます。
コンドロイチンはデータが発表されており、実際に医療現場でも治療に取りいれられている成分です。
このことからも関節痛の症状の改善や予防のためにはコンドロイチンをきちんと摂取し、関節の動きをスムーズにしておくことが重要だということがわかります。


コンドロイチンが含まれる食品

 

コンドロイチンが含まれる食品

コンドロイチンは軟骨に含まれる成分で、関節痛を抑えるクッション効果がありますが、年々生成量が減少していくので、食事などで補う必要があります。

この成分を含んだ代表的な食品といえば、山芋や里芋、オクラ、なめこ、すっぽん、ふかひれなどで、他にもうなぎやタイ、ひらめなどの魚類や、牛や豚の軟骨、鶏皮などの肉類に含まれています。

 

【野菜】 【魚類】 【肉】

山芋
里芋
オクラ
なめこ

すっぽん
ふかひれ
うなぎ
たい
ひらめ

牛の軟骨
豚の軟骨
鶏皮

 

 

おすすめの調理法

 

味噌汁に入れたり、鍋料理にするなど、色んな方法で食べられるので、メニューを工夫すれば、コンドロイチンを毎日摂取することが出来ます。
ただし食品に含まれているコンドロイチンはごくわずかなので、毎日の食事だけで必要な量を摂取するのは難しいでしょう。

 

 

コンドロイチンを摂取しやすい方法

 

献立を考えるのも面倒なので、もっと簡単な方法で摂取したいときはサプリメントを利用するようにしてください。
今はさまざまなメーカーからサプリメントが発売されているので、それを利用すれば、気軽に体内に摂り入れることが出来ます。
一日数粒を飲むだけで、辛い関節痛の痛みを和らげる効果を期待できるので、口コミの評判の良い商品を選んで購入することが大切です。
近所のスーパーやドラッグストアで欲しいサプリが売っていないときは、インターネット通販で探すようにしましょう。

コンドロイチンと乳酸菌

コンドロイチンと乳酸菌

 

ムコ多糖類の一種であるコンドロイチンは、皮膚や粘膜、軟骨をはじめ、体内のいたるところに存在している成分です。
加齢とともに減少するために、結果としてひざなどの関節痛を引き起こしてしまいます。
進行すると、軟骨が損傷してしまうことがあり、注意が必要です。

 

 

人の健康は腸内環境に左右されています

 

長く元気にからだを動かしながら、健康的な生活を送るために必要な成分ですが、摂取するにあたり、重要なことがあります。
それは、腸内環境が整っているということです。
人の健康は腸内環境に左右されているといっても過言ではありません。
からだにとって必要のないものを排せつする機能を持つ腸の環境が悪化してしまうと、栄養の吸収が阻害され、悪玉菌や毒素が排せつされずに体内に残ってしまいます。
その結果、肌荒れを含む心身の不調を引き起こしてしまいます。

 

 

腸内環境を整えてコンドロイチンの吸収効率をUP

 

そこでおすすめなのが、乳酸菌をしっかりと摂るということです。
乳酸菌は善玉菌で、悪玉菌を抑え込み、腸内環境を良くしてくれます。
腸内環境が良くなれば、コンドロイチンの吸収効率がよくなり、摂取したものの効果の恩恵を受けやすくなります。
両方ともサプリメントで摂るのが望ましいとされていますが、両方配合されているサプリメントはあまりありません。
それぞれ自分にあったものを併せて飲んでみましょう。