関節痛対策にはグルコサミンとコンドロイチンという成分を意識して補いましょう

コンドロイチン単独よりも効果を上げる方法

グルコサミンとコンドロイチン

 

関節痛対策にはグルコサミンとコンドロイチンという成分を意識して補いましょう

 

コンドロイチンの成分は軟骨の主成分となっているので、意識して補う事によってすり減った軟骨の再生を促す効果が期待できます。
単体でも効果はありますが、さらに関節痛対策の効果を上げたいのであれば、グルコサミンという成分も一緒に摂りましょう。
この成分は関節のクッション性を高めたり、関節を動かす際に潤滑油のような働きを行うのが特徴です。
一緒に補う事により相乗効果によって、さらに関節の健康をサポートする効果を発揮します。

 

 

年齢を重ねると階段の上り下りが辛くなるといった、関節痛を引き起こしやすくなります

 

関節痛は関節部分にある軟骨がすり減り、動かした際に痛みや違和感を感じるようになるのが特徴です。
若い時は軟骨がすり減ってしまっても、すぐに再生していたので関節痛を感じる事はほとんどありません。

 

ですが加齢によって軟骨の再生がスムーズに行われなくなると、関節を動かした際に骨と骨がぶつかり合い、痛みや違和感を感じるようになるのです。
症状が進むと手術を受けなければいけない程、悪化してしまうので関節に違和感を感じたら、すぐに対策を行いましょう。

 

 

 


コンドロイチンサプリ選びで気を付けること

コンドロイチンサプリ選びで気を付けること

 

コンドロイチンの成分

 

関節痛を和らげるためには病院を受診することですが、少し様子をみたいという場合にはコンドロイチンが配合されたサプリメントを利用するのも良い方法です。
コンドロイチンの成分は体内でアミノ酸と糖が結合したグルコサミンが代謝して生成されるムコ多種の一種で、軟骨や結合組織などに含まれる成分です。

 

コンドロイチンは関節の軟骨の約27?43%を占めており、関節がスムーズに動くために重要な役割があります。
関節だけではなく靭帯や腱などの弾力性を構成するのにも必要なものです。
加齢とともに減少するため、関節の軟骨も減少し膝などに炎症や痛みを引き起こす原因にもなります。
そのため体外からの摂取が必要となり、食べ物からの摂取は難しいためサプリメントを活用すると良いのです。

 

 

1日の摂取量を守りましょう

 

サプリメントを選ぶ際に気を付けることは、1日の摂取量は体重に関係しており、約400?1200mg程度が一日の摂取量の目安です。
年齢と共に減っていくため、中高年は上限よりの摂取量を目安にします。
またグルコサミンと併用することが効果的で含有量にも気をつけます。

 

継続しやすいサプリを選びましょう

 

関節痛の痛みを和らげるために湿布や塗り薬、痛み止めなどを用いますが、これは一時的な対応です。
コンドロイチンは関節の軟骨の生成を助けるため摂り続けることで、軟骨のすり減りによう痛みを緩和する効果が期待できるのです。


コンドロイチンで若返る

コンドロイチンサプリ選びで気を付けること

 

多種多様なコンドロイチンの効果

 

コンドロイチンというと、関節の痛みを緩和する効果がある成分として知られていますが、それ以外にも様々な効果があります。
なぜならこの成分は元々体内の様々な場所に存在しているからです。

 

関節痛の原因である軟骨はもちろん、角膜や皮膚、内臓にまで存在しています。
角膜ではドライアイにならないよう保水し、内臓では細胞同士を結合することで内臓機能の働きを正常化しています。

 

  • 関節の痛みを緩和
  • ドライアイ予防
  • 内臓機能の正常化
  • 肌にハリを与える
  • 骨粗しょう症予防
  • アンチエイジング
  • 若返り効果
  • 体調改善

 

肌にハリを与えたり、骨粗しょう症予防も

 

そしてこの成分には高い保水性があり、そのため肌にハリを与えることができます。
さらにカルシウムの代謝を促す効果もあるので、摂取すると骨粗しょう症などの骨疾患を予防することができます。

 

 

若返り効果ならコンドロイチン

 

しかし、体内のコンドロイチンは年齢を重ねるとともに減少します。
それにより軟骨が減少し関節炎になったり、内臓機能が低下して体調不良を起こしやすくなったり、肌のハリが低下してエイジングサインが現れたりするのです。
そのためサプリメントなどでこの成分を補うことができれば、軟骨の減少を抑制し、健康維持しながら肌のアンチエイジングにも効果があります。
つまり、様々な若返り効果があるのです。

 

コンドロイチンは関節痛で悩む方はもちろん、最近、疲れやすく体調を崩しやすくなった方や肌にたるみやシワなどエイジングサインが現れ始めた方にもおすすめの成分です。