コンドロイチンは動物の組織や体液に存在するムコ多糖類の一種

コンドロイチンの特徴

コンドロイチンの特徴

 

コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、コンドロイチンの正式名称で硫酸基が結合したものです。

 

AからEまでの5つの種類

 

その結びつき方によって、AからEまでの5つの種類に分かれます。
軟骨に多く含まれているのはAとCで、皮膚に多く含まれているのはB、サプリメントによく使われるサメの軟骨に多いのはDタイプになっています。

 

 

コンドロイチンはムコ多糖類の一種

 

動物の組織や体液に存在するムコ多糖類の一種で、とくに軟骨に多く含まれています。
コンドロイチンの特徴は軟骨ではたんぱく質と結合してプロテオグリカンを形成して関節を守るクッション材、保水性、弾力性で関節の痛みをやわらげます。

 

 

コンドロイチンは加齢とともに減少する

 

コンドロイチンは20代までは体内で合成されますが、加齢とともに減少して軟骨部分のクッション機能が失われてしまいます。
そのため中高年以降に多い症状に、骨と骨の隙間ができて骨格がずれ神経を圧迫して痛みが発生することがあります。

 

そこで神経痛の痛みの改善には、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを補充する必要があります。

 

 

関節痛以外にもいろいろ効果あり

 

そのほかの効果には肩こり、眼精疲労、腎炎の予防、自律神経失調症、動脈硬化、リウマチなどがあり、健康維持とアンチエイジングに大切な成分です。
医薬品やサプリメントで摂取することで、健康維持が可能になります。